賃貸管理会社の仕事とは


はじめに

「これから不動産投資を始めてゆとりある老後にしたい!」
「賃貸運営が上手く回らなくなってきた。原因はなんだろう?」
そういったとき、私たち賃貸管理会社の出番です。

この記事では、今まで賃貸管理会社に縁のなかったオーナー(または未来のオーナー)のみなさんに「そもそも賃貸管理会社とはなにか?そしてなにをしてくれるのか?」をお伝えしたいと思います。

仕事内容

では早速具体的な仕事内容を見ていきましょう。
主な仕事は2つ「建物のメンテナンス」と「賃貸を運営する上での管理業務」です。

建物のメンテナンスはオーナーから預かった賃貸物件をきれいに保ち、居住者にも快適な生活空間を提供します。
例えば廊下の蛍光灯が切れる前に点検・交換をする、エレベーターの保守点検を行いつつ居住者にその時間帯を周知させたりするのも仕事の一部です。
また、もしものときに備えた防災設備管理や最新の法律との兼ね合いを調べることも行います。
賃貸物件におけるインフラ・ライフラインの保全と言ったら分かりやすいでしょうか。

次に賃貸管理業務。
これは「大家さんの仕事」を想像するとわかりやすいかもしれません。
入居者の募集・契約や更新・退去の手続き・家賃の管理・入居者のクレームやトラブルへの対応などが主な業務の内容になります。
例えば、家賃の滞納があった場合には督促を行いますし、それでも支払いがないなど対応が難しい場合には、弁護士に依頼して法的措置をとることもあります。
また、クレームやトラブルに関しては、いつそのような内容の連絡がやってくるかわかりませんし、場合によっては迅速な対応が必要となることもあるので、365日24時間体制の業務といっても過言ではありません。

会社選びを怠ると・・

不動産投資を始める場合、投資の対象となる物件を選ぶときには、立地や周囲の環境、物件価格などさまざまな要因に関して、慎重に手間暇をかけるという方がほとんどです。
ですが、管理会社に関してはどうでしょうか?
物件を選ぶときと同じくらいの手間と時間をかける方はあまりいないというのが実状です。
しかし、ここで安易な妥協をしてしまうと、せっかく収益の良さそうな物件を選んだとしても、投資が失敗する可能性が高くなってしまいます。
適当な会社にまかせてしまうと、集客術が稚拙でそもそも入居者が来ない、入居者が入っているのに賃料が決まった日に振り込まれてこない、問合せをしても音沙汰なし、などということが起こりかねません。
また、退去時の原状回復でリフォーム会社のいいなりになって、高額で不必要なリフォーム代金を請求されるといったトラブルも後を絶ちません。

最後に

不動産投資は、購入した物件をどのように管理・運用していくかで成功するか失敗するかが決まります。
物件を選ぶときと同じくらい慎重に、信頼して管理をまかせられる会社を選ぶようにしましょう。