賃貸管理会社の義務と役割


賃貸管理会社の義務とは何にあたるのでしょうか?そして、管理会社の役割とは?
物件の管理をお任せするわけですが、どこまでが責任範囲となるのかなど、契約する際にわからないままでは、トラブルが起こった時に対処ができません。そんなことのないように、理解しておく必要があります。それでは説明していきましょう。

「管理会社とは」

依頼された物件の管理をする会社のことをいいます。下記の役割に関して、オーナーがすべて対応している方もいますが、なかなか全部を行うことが難しいという方の場合には、賃貸管理会社に依頼するということになります。

「管理会社の役割とは何か」

〇「建物の管理と維持」
共用部分の掃除やメンテナンス、室内設備の修理や退去時のクリーニングなどを行います。
管理している賃貸物件で、故障や破損などが発生した場合にはオーナーに連絡をします。
しかし、修理をするかどうかはオーナーが判断し依頼をすることになります。そのため、管理会社とオーナーの連携が取る必要がありそうでない場合は、対応が遅くなってしまいます。

〇「入居者の管理をする」
入居者の募集や家賃の回収、入居、更新、退去時の契約手続きなどを行います。入居者管理の主たるものは、家賃の回収になります。オーナーの代わりに入居者から家賃を回収し、それをオーナーに送金する業務です。毎月の家賃がきちんと支払がされれば問題ありませんが中には滞納することもあり、その場合に入居者へ支払を促します。

〇「クレームなどの対応ついて」
基本的に管理会社は、あくまで建物の管理や入居者の管理や手続きなどをすることなので、クレームに関しては責任を負うことはありません。入居者からのクレーム連絡を受けることはしますが、クレームを解決するのはオーナーということです。

「責任範囲」

役割以外での責任範囲とは、例えば、家賃回収に関していえば滞納した場合は、支払を促すまでが管理会社の役割といえます。したがって、上記以外の業務において責任範囲はオーナーにあるということです。

どこまでが管理会社の役割であるのかを、確認する簡単な方法とは「委託契約」の内容を確認することです。管理会社は、委託契約書の内容に従って建物管理や入居者の管理を行うため契約内容にないことは役割も責任もありません。反対に、契約内容にあることをやらない場合は契約違反になりますし、責任を負わなければなりません。

まとめ

管理会社に依頼した場合に、物件のことや入居者の管理は何でもしてもらえると思っている方が結構いるのではないでしょうか?基本的には、委託管理をしたとしてもオーナーが責任を負わなければならないということを念頭に、委託契約をする際もしっかり契約書の確認をすることが大切です。