賃貸残置物に注意!~置き土産の落とし穴~


あなたは念願のワンルームマンションを借りることができ、引っ越しが落ち着いたら新しい生活を送ることができるでしょう。クーラーが最初からついているのはうれしい話ですが、年式が古かったら、その物件は「あたり」といえるでしょうか?今回は、残置物について紹介しましょう。

入居した部屋

新たな入居先となった部屋には、エアコンが装備され夏や冬は快適に過ごすことができ、追加で買う必要はないことでしょう。前の入居者が新居へ越すときにエアコンがついてたので、それまでのエアコンを持っていく必要がないと判断したため、置き土産として残していくことを不動産会社に説明をして退去したのではないかということです。

大家さんが部屋の設備として取り付けてある物件も存在すれば、次の住民の為に残しておきたいというのであれば事情を話して許可が下りたのなら物件に残しておくことができますが、後者については原状回復の義務が生じることにより、勝手においていくことは不法投棄扱いとして禁止されています。

壊れた!

しばらくはエアコンを使っていましたが、ある日突然、壊れてしまいました。あなたは誰に修理をお願いすればよいのかという話になります。それが備品であれば、管理会社側に申し出て修理の対応を依頼することで問題はないのですが、前の入居者が置いていったのであれば、その責任は誰に帰属するのでしょうか。

入居・管理双方には修繕義務を生じない代わりに費用の負担については、基本的には大家さんが負うこともあれば入居する側に負担をお願いする場合があるということです。契約前に以前入居した方が残した残置物に関する取扱いについて説明し、新たに住む側には承認してもらうことをお願いしてもらうということです。

エアコンをめぐる問題

賃貸物件の中に「エアコン付き」という物件を見受けられることがありますが、なかなか入居してくれない物件に対し付加価値を付けつつも魅力を高めるために、サービスの一環として取り付けたという話もあれば、以前入居した方が管理会社側と協議をしてから許可をもらい、後に入る方の負担を減らすという親切心によるものということになるでしょう。なお、この件については事前に説明することがあるので、確認をしておきたいものです。

しかし、エアコンが突然故障したという話も聞かれることでしょう。2000年より前に製造したのであれば消費電力が高くなり、電気代が高騰化する原因の一つであり、騒音などといった不具合が起こるリスクが高いからです。エアコンの掃除を業者に依頼するのであれば個人案件ですので、この点については問題ありませんが、修理となると大家さんと相談する必要がある案件となるからです。

取り換えをする場合

エアコンを取り替えするのであれば、大家さんに所有権がある関係上管理会社に話をしてからということになります。無許可に処分は禁止されるため、取り替えをする場合は許可を得てから対処することになっています。前に入居した方と連絡が取れた場合、エアコン取り替えの旨を伝え、許可が下りれば取り替え後の古いエアコンについては大家さん側が処分を肩代わりしてくれる、ということです。

どうしても気になる方は、入居の前に内覧をし、その時にエアコンなどについての所有権には前の入居者になるのか大家さんになるのかを確認してもらったほうがよいでしょう。エアコン以外の設備に関しても、電器の要領や給湯設備などの状態をチェックしてもらい、管理会社などに確認をお願いしてもらうとよいでしょう。

まとめ

賃貸物件に対する残置物ですが、置き土産として残しておくのならば大家さんと話をしてから許可をもらうのが一般的です、勝手においておくのはやめましょう。また、エアコンなどの家電関係の一部は購入から耐用年数や消費電力などに気を付けておきたいものです。