賃貸物件の入居における審査期間はどのくらい必要なのか


せっかく探した物件に申し込んだのはいいのですが、契約をする前に必要な項目が入居審査です。それだけでも時間がかかりそうな印象があるでしょうが、結果が来ないといった不安も当然ながらあるでしょうし、目安としてはどのくらいかかるのかも知りたくなります。今回は、賃貸物件に必要な審査期間のお話をしましょう。

必要とされる審査期間

最初に、入居をする前にどうして審査が必要なのでしょうか。入居する住民として最適な住民なのか否かを判断するために重要です。重点的に見る項目は家賃滞納の恐れがないか、近隣の住民との間でトラブルを起こすようなことがないのか、そして、入居する方や連帯保証人双方における家賃を払えるだけの能力の有無といった点であり、問題が一つでもあれば審査が通りにくくなる恐れがあります。

家賃の支払いができる能力が出てきましたが、具体的には勤務先や年収、入社からの勤続年数となり、退職者の場合ならば年金受給や資産などですが、チェックする項目は入居する方と連帯保証人の双方がこれらに該当し、厳重な審査を経て公平にジャッジが下され、総合的に見て問題はないと判断できれば審査はクリアとなるわけです。必要な書類は収入証明書の写しなどとされています。

入居審査の期間とは

賃貸物件の契約をする際の流れを説明すると、最初に入居をしたい物件を探してから不動産会社に借りたい部屋の件について相談することから始まります。まずは部屋の概要を説明してから後日内覧を行うための日程を調整し、見学をしてから契約をするといった流れになりますが、その次にやるべき項目が入居審査です。契約前の段階として各種書類に必要事項を記入してから不動産会社へと提出されます。

管理会社へと送られた書類は担当者が内容の確認を行います。
ここでの審査は短くて1日、長くて5日間の時間が必要とされますが、確認する項目については基本的には同一です。大家さん側にも送られ、内容は同一ながらも1日の審査を経て問題がないと判断されたら、ようやく入居者への連絡が入ります。

期間に時間がかかるのは?

よくあるケースの一つに入居審査自体に時間を要するといった点ですが、原因を紹介しましょう。その典型的な例としては、書類不備の問題です。身分証明書や収入証明書、勤めている会社に関する名称や問い合わせ先、住所などのほか連帯保証人に関する身分証や収入、印鑑の各証明書、生年月日や連絡先、勤務先などといった多岐にわたる項目に記入漏れがないかチェックしています。

それ以外にも、入居を志願する方との確認に関する連絡ができない点で、音信不通ならばそれまでです。

その他、希望する物件が先着順の関係上、その1番手の方がクリアした場合、残念ながら入居見送りの対象となります。その次に名義が法人で申し込む場合、社宅などの申し込みの関係上審査が遅れることになり提出書類が一般よりも多く、登記簿謄本や決算報告書、パンフレットや法人税納税証明書などを出すことです。

時間に関する内訳は何ですか?

審査によっては3~4月における繁忙期(入学や卒業、新規入社など)といった春の移動の季節に当たると、物件を借りる人たちが大挙して押し寄せるため、結果的に1週間程度時間がかかるといった原因となります。

まとめ

賃貸物件における入居審査の期間に関してですが、3~7日程度が一般的です。それでも不安ならば不動産会社へ問い合わせておくといった手もあります。イメージとしては就活における志願する会社への書類選考とほぼ変わりないものと考えていただければ幸いです。