ハウスクリーニング部屋を丸ごときれいに


【はじめに】
賃貸物件のハウスクリーニングは通常、入居者が退去した後、新しい入居者が入る前に行われます。
築年数が経っていても築浅でも新築でも、新しく生活を始める住まいが明るくて清潔感にあふれていたら、これからの生活への意欲や期待にもつながることでしょう。
そこでこの記事では、ハウスクリーニングにスポットを当ててご紹介して行きたいと思います。

【ハウスクリーニングのサービス】

賃貸物件のハウスクリーニングは、大家さん自ら行う場合もありますが、こちらでは特に清掃業者に依頼した場合のことをご紹介します。
清掃業者がハウスクリーニングを行う場合は、日ごろ私たちが使っている掃除方法とは全く違う方法で洗浄しており、業務用の清掃機材や洗浄液を使います。
清掃業者が行っているハウスクリーニングのサービスは、専門の技術を持ったスタッフが清掃に当たるので、普段手が届かないレンジフードやエアコンの内部、水廻りのサビ、水あかなどの頑固な汚れ除去などを丁寧に行います。

【ハウスクリーニングの種類とは?】

ハウスクリーニングには、大きく分けて「空室クリーニング」と「住宅クリーニング」の2種類があります。
「空室クリーニング」は賃貸物件の原状回復の一部です。前の入居者が退去し適して、しばらく空室だったお部屋で新しい入居者がすぐに生活できるようにクリーニングしていくサービスです。
一般的に空室クリーニングは、キッチンや浴室、トイレなどの水廻りだけでなく、壁や床天井などお部屋を丸ごとクリーニングするサービスになります。
また「住宅クリーニング」は、人がすでに住んでいるお宅のクリーニングサービスです。
依頼者の要望に合わせて、なかなか普段お掃除できない場所をクリーニングするサービスです。
どちらも専門のスタッフが丁寧に対応します。

【まとめ】

賃貸物件の原状回復の一部として行われるハウスクリーニングは、新しい入居者が入る前に行われるものです。一般的には間取りによって、部屋を丸ごとクリーニングする一貫した作業工程や料金が決められていますが、使用する洗剤や掃除の方法により追加料金やオプション料金が加算される場合もあります。
また、依頼の方法としてインターネットで見積もりを出す業者や、実際にスタッフが部屋を見て見積もりをだす業者もありますので、何社かに見積もり依頼を出して比較検討されることをおすすめします。
入居希望者が内見した時や入居されるときに、部屋がきれいに掃除されていたら、気持ちよく新しい生活が始められて、居心地の良い住まいとして長く住んでいただけるのではないでしょうか。
きれいなお部屋は人の気持ちも動かし、入居率アップにもつながるかと思いますので、ぜひ検討してみてください。