リビングのアクセントクロスの選び方


アクセントクロスはイメージチェンジに効果的ですが、使い方によっては雰囲気がチグハグになってしまったり、部屋が暗く感じたり失敗してしまうこともあります。
リビングにアクセントクロスを使いたいときの選び方をまとめてみましょう。

 

■落ち着いたリビングにしたいとき

コントラストがはっきりしている方がアクセントクロスの効果が大きく感じられます。
近い色合い同士だけでなく、淡い色×濃い色で落ち着いた空間を演出してみましょう。
見本だけで見ると派手に感じるレッド系の色合いでも、淡いベージュにエンジやテラコッタをあわせて見ると、シックにまとまります。
淡い色×濃紺に、焦げ茶のインテリアは、大人の雰囲気になります。
ターコイズ、モスグリーンなどトーンを抑えた系統なら、ナチュラル系の家具にすんなり馴染むでしょう。
マンションでは、LDKが細長くつながっている間取りが多いですが、リビングにアクセントクロスがあることで、ゾーニング効果も出てきます。
ところが、アクセントクロスに慣れていないと、思い切った配色は避けて、淡い配色同士にしたくなります。
しかし、コントラストが弱いと空間をまとめる力に欠け、印象がふわっとしてしまいます。
おとなしい色合いのインテリアだけでは、メリハリがつかず、おしゃれな物件として印象付けるのが難しく、魅力が薄くなってしまいます。

■ヴィヴィッドカラーのいかし方

ベースを白にして、黄色やオレンジなどヴィヴィッドカラーをアクセントクロスに持って来ると、部屋がパット明るくなります。
日当たりや採光で暗くなりがちな部屋の場合には、特に、明るくハッキリとした色を選びたいですね。
基本的にアクセントクロスは2種類のクロスで組み合わせますが、物件の雰囲気にあわせて、黄色やオレンジの入った柄物を持ってくると、表情に変化が付きます。
幾何学模様や植物モチーフなど個性的な柄のあわせ技で、印象深く、明るいイメージをアピールできます。

 

■ターゲットに合わせたアクセントクロス選び

壁紙一面で雰囲気を大きく変えることが出来るのがアクセントクロスです。
設備の入れ替えなどと比べて、リフォーム代も安く、目先が変わるのでターゲットにあわせた雰囲気を工夫してみましょう。
若い女性なら、『北欧風』や『フレンチシャビー風』、『ブルックリンスタイル』が似合うイメージで、男性ならスタイシッシュな、濃紺やレッド、幾何学模様などが人気です。
建具とのトーンや、キッチンとのバランスを考えて、統一感が出るようにコーディネイトしていきましょう。