不動産投資の流れとポイント


【はじめに】
不動産投資とは、収益を得ることを目的として土地、アパート・マンション、ビル等に投資をすることをいいます。
今後、不動産投資をしてみたいという方は、不動産投資についての情報を集めていると思いますが、どうでしょうか?具体的にどのような手順で不動産投資を行うのか?成功に近づけるにはどうしたらいいか?わからないことが多いと思います。
そこで今回は「不動産投資の流れとポイント」というテーマでお話していこうと思います。

【不動産投資の基礎知識】
不動産投資は、収益を得ることを目的として土地や物件を購入することをいいます。
具体的な例をあげると、マンションやアパートを購入して家賃収入を得たり、購入した物件の価値が上がったタイミングで売却し、その差額で売却益を得ることをいいます。
最近は売却収益よりも継続的に安定した収入が得られる家賃収入をメインに投資する方法が主流になっています。株式等の金融商品と違って、比較的リスクも少なく長期に渡って安定した収入が見込め、更には節税効果も見られるということで、最近は会社員や公務員の方が副業として不動産投資を始める方も増えています。

【不動産投資の流れ】
まず、実際に行動に移す前に不動産投資で「今後どのように利益を上げていきたいか」「資金規模はどれくらいか」「どのタイミングで物件を売却するか」といった今後の計画を立ててから物件探しをすることをおすすめします。見通しが曖昧な状態で投資をすると、失敗につながる可能性があります。
次に家賃収入のための物件は、いかに空室が出ないようにするかを考えながら選びましょう。立地条件や築年数、想定家賃の確認、想定利回りを見ながら物件選びをしましょう。物件の築年数が古いと修繕費用がかさむ可能性があります。買いたい物件が決まったら、不動産屋に買付申込書を提出しましょう。法的拘束力があるわけではないのですが、不動産屋によっては、申込書がある順から物件を回すこともあります。
購入物件が決まれば、次はローンの申請です。
投資用に組むローンは、自宅を買うときのローンとは別になります。不動産投資ローンは、物件に安定した収益が見込めるかという点が審査のポイントとなります。ローンで得た物件で家賃収入を出し、ローンの返済と不動産に関わる経費を引いた後、手元に残った金額がオーナーの収入になります。ちなみに地方よりも首都圏等の都心部に購入資金が集まりやすい傾向にあるようです。

【まとめ】
今回は「不動産投資の流れとポイント」についてまとめてみました。
不動産投資は、少ない資金で始めることができ、家賃収入という不労所得を得られるというメリットがあります。成功するためには、インターネットで情報を集めたり、本を読んで学ぶ、セミナーに参加してみる等、常に投資に関する勉強と情報収集がとても重要になります。
情報をもとに物件の良し悪しを見極め、利益を上げていきましょう。