初心者向け不動産投資の方法~収益目的の場合と節税目的の場合~


はじめに

一般的に「不動産投資」と聞けば、もうけを出すために行うものというイメージを持っている人が多いと思いますが、実は不動産投資の目的としては「節税」もあります。
そこで今回は、初心者の方に向けて、簡単に目的別の不動産投資の方法を説明します。

収益目的の方法

この場合、少しでも多く収益を得られるように、投資を行うことになります。
収益とは総収入から費用や税金を引いたものです。
そして、不動産投資における収入のメインは家賃です。
そのため大きな収益を得るためには、家賃収入を増やすということがまず大事になってきます。

とはいっても、環境面で優れていて、建物も新しいというように、ただ単に入居者の人気が出やすい物件を探せばいいというものでもありません。
そのような物件は割高なのが一般的ですから、初期投資という費用面の負担が大きくなります。そうなると収入は多くてもイマイチ収益が上がらないという事態になってしまうわけです。

では、収益を増やすためにはどうすればよいのでしょうか?
答えは単純、初期投資の割安な物件を手に入れ、収入を多く得られるようにしていくということです。
割安な物件というのは、交通の便がよくないとか、建物が古いとか、それなりに「難」があることが多いです。
しかし、そのような難点をあえて強みに変えていくことのできる知恵を持っていれば、満足できる収益を上げていくことができるわけです。
そのためには、集客術、リフォームなどに関するノウハウを身に付けるとともに、管理を委託する不動産会社とも信頼・協力関係を築いておく必要があります。

節税目的の方法

不動産投資によって得た収益(所得)は、給与などほかの所得と合算し、その額に対して税金がかかってくることになっています(不動産を売却して得た所得は異なります)。
そこで、給与所得を得ているサラリーマンなどの場合、不動産投資で赤字を出すようにすれば、全体的な所得を減らすことができるので、納税額を減らすことができます。
これが節税目的で行う不動産投資です。

もちろん、ただ単に赤字を増やすだけでは意味がありません。
ポイントになるのは減価償却という会計上のシステムです。
これは、建物を買うときにかかった費用を何年かの期間にわたって分配し経費として計上する仕組みで、このシステムを利用すれば実際にお金の支出はなくても帳簿上は赤字とすることができるようになります。
一定以上の給与収入があるサラリーマンなどの場合、このシステムを使った上で確定申告をすると、先に天引きされていた所得税の一部が戻ってくるというわけです。

最後に

以上で見てきたように、もうけを目的として不動産投資を行う場合、いかにして収益を増やすかが大事であるのに対し、節税を目的とする場合は減価償却を使って収益を赤字にすることが重要になってきます。
ですから、ひと口に不動産投資といっても、もうけをねらう場合と節税をねらう場合では、投資のやり方が異なり、両方の目的を同時に達成することは困難なのです。