初心者でも分かる 「不動産投資」とは


誰もが一度は耳にしたことがあると思いますが、アパートやマンション、オフィスビルなど賃貸の建物を購入して収益を得る形を「不動産投資」といいます。そこで、「不動産投資」をする際に気を付けなければならないことや、メリット・デメリットなどにも注目し知識として身につけておきましょう。

不動産投資の種類は1つだけではない

不動産投資の中にも、いろいろな投資の種類があります。マンションやアパートへの投資の人気がありますが、他にも一戸建て住宅や駐車場などもあります。それぞれの特徴、期待度が異なっています。

マンション・アパート

貸すことができる部屋数を多くし、空き室が少ないほど大きい収入を得ることができます。ですが、空き室が埋まらない状態が増えてしまいますと、賃貸収入が減ってしまい借り入れをした金額が返せないという厳しい状況になります。

しかし、ワンルームマンションの場合は空き室になってしまっても、次に借りる入居者が決まる確率が高いため、資金が必要な時に売却しやすいことがメリットになります。しかし、一戸の家賃から修理費用や管理費費用が出費となりますので、収益が少ないことがデメリットでもあるのです。

一戸建て住宅の賃貸

一戸建て住宅を購入して入居を希望している方に貸すという投資方法もあります。もちろん新築か中古かで物件価格は変わってきますが、一戸建てを借りたい方はほとんどがファミリーですから、長い期間借りていただけることに期待ができるため、安定した収入が得られるのが特徴的です。しかし、経年劣化による修理費用のコストが大きいため悩みどころがないとは言えません。

その他の賃貸

不動産投資には、所有している土地にコインランドリーや駐車場として経営を行う方法などもあります。認知度を上げるために広告費の出費があり、収益を得るには多少時間がかかりそうです。

また、機械のレンタルもあるため最初の投資に莫大な費用が必要となります。しかし、不動産投資は生命保険の変わりにもなり、アパートやマンションを購入する際に団体信用生命保険に加入することが一般的です。その場合、たとえ投資者本人が重い病気であったり、またはお亡くなりになった場合には借り入れしたお金の返済は免除になるうえに、残した家族に投資できる不動産を渡すことが可能です。

まとめ

さまざまな形があり、少ない金額から始められる不動産投資方法もあります。しかし、リスクを考えてしまうと、なかなか難しいところではあります。基本的な知識を身に付けておけば失敗に至る可能性は減るので、投資に興味のある方はしっかりと理解してから始めることをおすすめ致します。