何から始める?? 不動産投資の基礎知識


将来の資産形成のために、不動産投資に興味があるけど何から始めればいいかわからないという方は多いかと思います。確かに定期預金などと比べて、不動産投資は損をするリスクが存在しとっつきにくいイメージがありますが、正しくメリットとリスクを理解することで安定した不労所得を得ることができるようになります。今回は不動産投資に挑戦する利点と、初心者におすすめの投資方法をご紹介したいと思います。

不動産投資の種類

不動産投資には大きく分けて、「キャピタルゲイン」と「インカムゲイン」の2つの投資方法があります。

キャピタルゲイン

不動産を購入後、価格が高騰した後に売却し差額を利益とする方法です。バブル期にブームになった投資方法ですが、下落するリスクや時事といった様々な情報を仕入れる必要があることを考えると、初めての方にはお勧めできません。

インカムゲイン

購入した不動産物件を賃貸することで収入を得る方法です。キャピタルゲインに比べ長期的で時間がかかりますが、定期的に安定した利益を上げることができ、初心者でも始めやすいおすすめの投資方法です。

インカムゲインのメリットとリスク

老後の年金の補填・節税対策、比較的少額で資金が足りなくても住宅ローンを利用して始められることや、不動産を担保に入れることで借入をするなど多様な活用方法があります。さらに収入が長期的に見込めるので、自身の子供・孫の代にまで続けることができます。

逆に建物の管理に時間がとられることや、入居者が集まらず空室が増えると家賃収入が減少するといったリスクも同時に負わなければなりません。

初めての不動産投資用の物件の選び方

不動産投資を行う際に、よく「新築物件と中古物件どちらが投資に向いているか?」というお悩みをよく耳にしますが、実際どちらの方が運用し易いと言えるでしょうか?

・新築物件のメリット
新しい建物は人気が高く、空室リスクが少ないといわれています。空室がある時の家賃保証・副業で不動産管理をしている場合は、建物の減価償却による税金対策効果が大きいといった、保障に関する利点が多くあります。

・中古物件のメリット
中古物件には新築に比べて入居者が集まりづらく、リフォームや修繕といった経費がかかるデメリットがありますが、新築より安価に購入できます。購入する物件の過去の入居者数や空室があった期間などの情報を事前に知ることができます。それによって、利回りが高い物件は家賃収益に関するメリットが期待できます。

まとめ

新築・中古どちらの物件にも有利な点がありますので、長期的に買主の方の人生プランを考えたうえで決めていくとよいでしょう。掘り出し物件は宣伝しなくても売れてしまうため、不動産会社のみ登録している場合もあります。インターネットだけではなく、アンテナをできるだけ多く張り巡らせるほうが素敵な物件と巡り合う確率は高くなるでしょう。