不動産投資を30代からスタートする際に鍵となるポイントとは


不動産投資に最適な年齢は存在するのでしょうか。初めて不動産投資をするにあたって、迷いや心配も多々あると思います。30代からスタートする不動産投資の鍵になる事がらについて紹介しましょう。

30代は、不動産投資に適した年齢か

30代とは、社会的にどのような状況なのでしょうか。不動産投資を実行するには、まだ若いからとしり込みする方もいるかもしれませんが、社会的な立場から考えると知識や経験を積む事で仕事に対する向上心も強く、部下の指導にも力を入れたりする頃です。

どこから見ても、働き盛りの年齢なのです。家庭では、多くの30代が妻と子供が待っている状況が想像できます。これから30代が不動産投資に適している鍵となるポイントについて紹介します。

【鍵の1:貯蓄高が十分】
会社員や公務員などでは、30代から年収が大幅に増えていく時期になっています。勿論、個人の能力によっても将来を嘱望されるエリートならば、なおさらですが、全体から見ても30代は、収入面や貯蓄においても増え続けていく過程となっているのです。情報によると30代の約3割が400万円以上の貯蓄を保有しているのです。不動産投資の資金は十分でしょう。

【鍵の2:長期的なローンが可能である】
30代から不動産投資の長期ローンを組んだとしても、20年後は50代で、30年後は60代となる為に、金融機関による融資の審査に通りやすくなっています。投資の対象となる物件に空室のリスクがあったとしても、安定した収入が見込めるサラリーマンにとっては、家賃収入のリスクを会社からの収入によって返済する事も可能です。

悪くとっても、投資した不動産が資産として残るのですからリスクは低いと見ています。
さらに、家賃収入による実績を積む事で、第2第3の不動産投資につなげる事が可能なのです。

【鍵の3:家賃収入でライフスタイルが裕福に】
不動産投資の目的が人それぞれに異なりますが、不動産の有効活用として家賃収入の目標額の設定によって、ライフスタイルにプラスになる目的を見つける事もできます。50万円貯めて家族旅行をする事や、100万円貯めてマイカーを購入したり、子供の教育資金や大学の入学金などに使ったりと、生活に余裕もたらす目的を実行する事が可能です。

【鍵の4:時期を見て売却】
個別マンションの場合は、都心部の利便性の高い物件ならば、5年後に売却してもほとんど資産価値は下がらないので、状況によって売却する事も視野に入れておくとよいでしょう。5年後とするのは5年未満の譲渡税と比べると、5年を超える長期保有の方が所得税が倍近く異なるので、売却の時期も考えた方がよいのです。

デメリットも理解して対応に臨む

不動産投資は、30代でなければならないわけではないというわけではありませんが、上記の理由から向いている年齢とも考えることができます。しかし、その気になれば、どの年代でも不動産投資は実行する事は出来ます。30代よりも40代の方が、収入面で大きい事は予測できます。

投資物件に関しても、市場調査などを行わずに、業者に勧められるままに購入してしまえば、空室率が高くて投資の回収が困難な物件だって存在するのです。

また、自己資金がゼロでも融資してくれても、その分金利が高かった為に、支払いが困難になる場合もあるのです。このような、デメリットも踏まえた上で、不動産投資の理解を深める事が、不動産投資の成功へと導く事が出来るのです。

まとめ

不動産投資を30代からスタートする鍵は、知識や投資に備える事ばかりでなく、30代が働き盛りである事自体が、収入の安定を生む事につながり、ひいては不動産投資に最適な年齢として社会的にも認められているからなのです。