不動産投資における分散投資の必要性


不動産投資を順調に行っていたとしても、いつどんな問題が起こるかわかりません。一つの物件にこだわっているとリスクを100%抱えてしまいます。出来る限りそうならない為の準備が必要です。今回は、不動産投資における分散投資の必要性について紹介しましょう。

分散投資で考える基本

投資を行う上では、地域での分散や時間における分散、投資目的の分散など色々あります。リスクは、どのような行動にもついてまわるものです。経営や投資は、最たるものなのです。経営や投資には利益を生み出す手段なので、成功が約束されたものはないのです。しかし、やりかた次第で成功に近づける事やリスクを減らす事は可能です。

分散投資を実行するには

不動産投資を初めて扱う対象には、区分マンションが良いと言われています。実際に一つ一つを選ぶ事が出来るので、投資の負担もかからないで済みます。しかし、いかに借り手が多いマンションでも永久に保証されているわけではありません。

学生ならば、学校や就職先に合わせて転居する場合があります。サラリーマンの場合でも異動や転勤などで、転居しなければなりません。他にも空室になる可能性は、いくつもあるのです。

このような空室を招くとすぐに入居できれば良いのですが、半年や1年以上となると管理費などの出費が増えるだけで全くの無収入となってしまいます。それを回避する為にも複数の投資物件を確保しておく必要が出てくるのです。

リスクを減らす手法

複数の物件を所有する事だけでは万全とは言えないのです。リスクを減らすには、色んな条件を加味する必要があります。

1=地域を選ぶ方法
6大都市と言われるように人口比率が多い地域であれば、優良物件はたくさんあるのです。人口が多ければ需要も高くなってきます。地域を選ぶ事は、自然災害や地域環境の変化に対応する事が出来るのです。大きな企業や発展を望む会社にとって6大都市が必要となる足場として人の移動を必要とするので、そこで生活する住居を必要とするのです。

2=物件タイプの選択
建物の種類や部屋の大きさ、人気のある基準などを参考にして1ルームから1DK、2DKや2LDKなどと物件選びを考える必要があります。物件の種類によって必要とされる需要度が異なります。ニーズは地域によって異なるので、地域によって選択方法を変える事も良いでしょう。

3=投資のタイミングを分ける事
不動産投資おいて同じ物件のタイプは、同じ時期での需要が高まってきます。その為、個人向けやファミリー向けなどは、その必要とする時期をずらす事で供給が多すぎる場合の空室のリスクを避ける事が出来ます。

分散投資は、収入に影響する

複数の物件を所有する事で空室リスクを回避するには、収入にも影響を与える事になります。空室が出た場合には、維持費や管理費、次の入居者の為のクリーニングや募集広告などの委託料を出費する事になります。いかに、効率よく空室を減らす為の努力をするかにかかってきます。

その為にも物件選びは重要になりますし、分散投資の対象も似たような物件を複数選ぶ事にするのか違うタイプの物件を選ぶ対象にするか。また、賃貸経営は区分マンションやアパート経営のどちらかにするか、あるいは両方の方法を熟知する必要があります。

まとめ

複数の投資物件を所有する事は費用もかかる事になりますが、空室の比率は1件だと0%か100%のどちらかですが物件が増える事で、空室率も大きく減らす事になります。分散投資は、リスクを減らす為と収益を減らさない為にも必要な対策となるのです。