不動産投資をはじめるうえで、知っておきたい「基礎知識」


いろいろな投資がある中で、比較的リスクが少ないといわれている不動産投資ですが、どの様にはじめたらいいのか分らない方向けに、「どのような投資の種類があるのか」と「不動産投資の内容やメリット」について触れてみたいと思います。

インカムゲインとキャピタルゲインについて

不動産投資をおこなううえで知っておきたい2種類の投資方法、「インカムゲイン」と「キャピタルゲイン」について知っていますか?どのような目的で不動産投資をはじめるか、とても重要となりますので下記で紹介しましょう。

【インカムゲイン】
インカムゲインとは、不動産投資では物件を購入して貸し出して家賃収入をえることをいいます。例えば、企業が発行する株式投資においては、収益が出た時に保有している株主に還元される配当金も同じです。

【キャピタルゲイン】
キャピタルゲインとは、不動産投資では物件を購入したあと儲けが出るような金額で売却しその売買差益を得ることです。例えば株式投資ですと、株価が安い時に買って値上がりした時点で売って差益を得ることです。

初心者で不動産投資をお考えでしたら、家賃収入を得るための投資を目的にすることから始めることをお勧めします。売却目的は、不動産が売れないリスクを伴うこともありますので注意が必要です。

インカムゲインの投資方法

ここでは、家賃収入・運用利益を想定した不動産投資について、どのような種類があって、どの様なメリットがあるのかみていきましょう。

【不動産投資の例】
〇マンション1室を賃貸する。
〇アパート、マンションなど1棟を賃貸する。
〇一戸建てを賃貸する。
〇シェアハウス
〇コインパーキング

など

【メリット1】・・・「少額からはじめられる」
手元にお金がなくても、借入金額による不動産ローンを利用して金融機関から借りることができます。

【メリット2】・・・「毎月安定的な収入が入ってくる」
入居者いる限り不労所得として収入が入ってきます。また、病気やケガなどで働けなくなっても、安定収入が得られるという面はメリットといえるでしょう。

【メリット3】・・・「老後のための年金代わりになる」
老後、公的年金で足りない分を補ってくれます。

【メリット4】・・・「いざというときには、生命保険代わりになる」
投資用ローンは団体信用生命保険が適用されるので、万が一のことがあると家族に不動産が残せます。

まとめ

不動産投資には売買差益によって利益を得る方法と、家賃収入や運用利益を想定した投資方法があることがお分かりになったことでしょう。投資をする際には、基本的なことをよく理解して、少額からはじめられるリスクの少ないアパートやマンションの1室を運用してみてはいかがでしょうか。