株式投資と不動産投資を比較|不動産等に注目することとは!!


投資にはいろいろな投資があり、迷う方もいらっしゃることでしょう。こちらでは、証券会社が提供する株式投資と不動産投資会社の不動産投資とのメリットやデメリットを比較します。また、不動産投資で注目することを紹介していきます。

不動産投資と株式投資を比べたメリットやデメリット

不動産投資と株式投資を比較しながら、それぞれのメリット・デメリットについて見ていきましょう。

不動産投資のメリット

・不況時でも価格は下がりにくい
・ローンが使えて資金効率が高い
・価格は安定している
・毎月安定した収入を得ることができる

不動産投資のデメリット

・情報が入手しづらい
・まとまったお金が必要になる
・売買の手数料が高い

株式投資のメリット

・数千~数万といった少額から始められる
・情報が入手しやすい
・売買手数料が安い

株式投資のデメリット

・価格の変動がある
・安定した収入は得にくい
・会社の倒産などで価値がなくなることもある
・不況時には価格が下落しやすい

不動産投資は安定性に注目したい!

株式投資では証券会社に口座を作ることで、そのときから株式の買いや売りができます。そのようなことから簡単にはじめられやすいという特長はあるのですが、取引対象の一部だけでも2000社以上の企業があるうえに、常に株価も変動しています。加えて業界や政治の動向で株価が変動するために常にニュースや関連する情報を確認していなければなりません。

不動産投資は株式投資よりまとまったお金が必要になってきますが、高利回りで毎月定額収入が受け取れます。株の配当では業績が悪くなれば無配当や減配ですが、家賃収入は株と比較すれば、中長期で毎月安定的な収入が入ってきて、不動産価格の値動きは株と比べると小さくすみます。

また、不動産投資をするにはまとまったお金が必要になると述べましたが、ローンを組むことにより、10分の1程度の頭金を用意することで投資物件を買うこともできます。そう考えれば敷居は低くなるのではないでしょうか。

この低金利時代に銀行にお金を預けても、通帳にはわずかな金利が入ってくるだけにしかなりません。そこで不動産投資に注目すると安定した賃料がはいってきます。今なら金利負担も低い水準で推移しているので、借入時には低金利だからこそ、金利が安く済むというメリットもあります。

今は金利負担が軽く、ローンが組みやすくなっているので、不動産投資を始めやすくなっているチャンスなのではないでしょうか。

まとめ

不動産投資では安定した収入が期待できるのが注目するところです。将来の年金だけでは老後資金がたりなくて、不安になったりもしますが、安定した収入を得ることができれば、将来の安心を手に入れられ、老後に備えることができます。さまざまなことを比較や検討していって、良い結果が出せるようにしていきたいです。