不動産投資は種類からみる難易度まとめ


不動産投資を始めるにあたり調べてみると、様々な種類があることで、どのように手をつけて良いのか困っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。不動産投資の手法は、投資すべき不動産によって異なるため、その難易度も変わってきます。こちらでは、それぞれの特徴から難易度をまとめてみました。

不動産投資の種類からみる難易度

不動産投資とは、アパート一棟や一戸建て、区分マンションなどを購入して、誰かに貸し出して家賃収入で儲ける投資のことです。また、購入した建物を購入時の価格より高い価格で売却し、その売却益を得る手法もあります。

その対象は、マンションやアパートが一般的ですが、戸建てや駐車場など多岐に渡り、それぞれ特徴が異なっています。それでは、不動産投資の種類について説明しましょう。

一棟投資

新築や中古のマンション、アパートを一棟購入し、賃貸収入を得る方法です。投資をするには、まとまった資金が必要となるため、金融機関から融資を受けておこなうケースがほとんどです。

区分投資や戸建て投資に比べて貸せる部屋数が多いことから、大きな収入が期待できますが、空室が多くなると賃貸収入から借入金を返済できなくなり、投資した額を回収できなくなることもあります。

資産を大きく拡大させるのに適切な投資方法ですが、厳格で正確な投資先を選ばなければリスクが大きくなりますので、不動産投資に慣れてきた中級者向けの投資方法です。

区分投資

新築や中古のワンルームマンションなどを購入して賃貸収入を得る方法です。他の不動産投資と比べると、首都圏では空室になっても比較的次の入居者が決まりやすいことと、流動性が高いため、資金が必要な時に売却しやすいというメリットもあります。

管理や融資のハードルが低いため、難易度の低い投資となっています。

戸建て投資

新築や戸建ての住宅を購入し、賃貸に出すことで家賃収入を得て投資資金の回収と利益を得る投資方法です。戸建ての入居希望者は主にファミリー向けが基本となります。子供が学校に通うと継続して居住する理由も強くなりますので、アパートやマンションよりも継続居住年数は長くなる傾向にあります。

戸建て投資は郊外や地方がメインとなり、地域における需要がどれくらいあるのかなどの情報等が求められますので、難易度は中級レベルとなっています。

REIT(リート)

REITとは、多くの投資家から集めた資金で、オフィスビルや商業施設など複数の不動産を購入し、その売買益や賃貸収入を投資家に分配する商品です。

小額から投資できるため、不動産投資だけでなく、投資自体が初めてという方にも向いているのですが、実物件の経営に主体的にかかわることはないことから、不動産投資としての面白味は薄いかもしれません。

まとめ

不動産投資で成功するためには、不動産の種類やエリアごとの相場感を養うことが大切です。これから不動産投資を始めるのでしたら、出来る限りリスクを小さくした種類を選択した方が賢明かもしれません。