不動産投資を始めるならプロにどこまで任せる?


不動産投資を始める際に自力で何でもできれば良いのですが、よっぽどの知識と時間と手間が掛けられるのであれば問題ありません。しかし、すべてをやろうと思うと相当な努力が必要でしょう。では、不動産投資でどこまでをプロに任せるのが良いのかを考察していきましょう。

不動産投資の種類

投資内容としては、ざっくり分けて二通りになります。不動産を購入し、さらにその物件を売って利益を得る方法と物件を購入し、賃貸など家賃での収入で利益をえるものと物件を売却する方法です。初めての不動産投資においては、物件を売って利益を上げる方法は難しい選択といえるでしょう。

必ずしも買った金額よりも高く売れるという保証もないわけですから、相当な知識とリサーチの能力が必要とされます。また、もう一方の賃貸での利益についても新築での物件購入でない限り、リフォーム工事やクリーニング等が必須となります。さらに、賃貸においては運営や管理も行わなければなりません。

プロに任せるべきポイント

ここでは、不動産投資における賃貸収入にて収益を上げる方法に絞っていきましょう。まず、賃貸経営をする場合に必要なことと言えば、運営、管理が重要なポイントとなります。自力で全てを行うとなると時間も手間もかかります。

例えば、契約・賃料の集金・清掃・問い合わせの対応などの業務は多岐に渡ります。しかし、これを自力で行うリスクが高く効率的とはいえません。その他にも、重要なポイントとして入居者の募集や空室状況を作らないためのノウハウなど、いろいろと必要になります。素人には厳しいのが現状です。このような業務をプロに任せることで、時間と手間とリスクを避けることになります。

ここでいうプロとは、管理会社や不動産会社、またそれだけにとどまらず不動産投資における税に関する税理士などをいいます。

投資家に必要なこと

プロに任せればすべて大丈夫かというと、それも間違いといえるでしょう。投資家があらかじめ行わなければならない事もあり、それを怠るとリスクが高くなってしまいます。まず、物件を選ぶ際にシミュレーションをきちんとすることです。

投資物件の「予算・目的・融資・初期費用・収益」などマネーフローがきちんとできていなければ、いくらプロに任せても無駄になってしまいます。また、予期せぬ事態(地震や災害など)にもリスクを想定し、損害保険や保証会社を付けたりと準備をする必要があります。

それ以外にも、分析やリサーチといった部分であったり、知識やノウハウも多く必要とされます。これを学ぶためにプロに教わるのも1つの使いかたといえるでしょう。また、プロだからといって全てにおいて得意とするわけではありません。

不動産や管理会社などによっても得手不得手と異なりますので、自分の物件にあったプロをきちんと選択することも投資家として必要なことといえるでしょう。

まとめ

管理や運用など多岐に渡る不動産投資の物件ですが、きちんとした選択によって、プロに任せる部分と投資家が判断しなければならない部分を理解し、信頼できるパートナー(プロ)を見つける事が成功の秘訣といえます。