不動産投資における財務諸表とは?


不動産投資を行う人にとって、必要な財務諸表とはどのようなものでしょうか。不動産投資において、その収益を確認する際に重要となってくる諸表とは何か?その種類と内容を確認しながら見ていきましょう。

不動産投資と財務諸表

不動産投資は長い期間を要して収益を得ていく事業といえます。その中で建物や土地などを保有し、家賃収入を得ながら同時に融資などの借入を返済しつつ、最後は利益をあげることが目的となります。

その期間の中で、不動産などの価値も様々な理由で変動していくことでお金の動きが変わってきます。その動きと流れを確認するためには、お金の動きを一体的に捉える必要がでてきます。それを見る事ができるのが「財務諸表」となります。

財務諸表を用いて、動きや流れ・将来的なシミュレーションなどをきちんと把握することで、不動産投資における失敗を防ぎ収益をあげることが可能となります。

財務諸表とは?

不動産投資に限らず、財務諸表は使用されます。主に会社などの決算に使われている財務書類の呼び名ですが、個人経営の確定申告などにも一般的に作成され使用されています。青色申告や銀行からの融資を受ける際に提出を求められます。

「財務3諸表」と呼ばれるものが、主に使用されます。その内容は「貸借対照表」・「損益計算書」・「キャッシュフロー計算書」と呼ばれる3つとなります。それぞれの諸表によって役割が異なります。事項で紹介していきましょう。

「損益計算書」とは?

この諸表は、「ある一定期間」の収益と費用の損益を計算しまとめたものです。収益・費用・利益の3つの事項から成り立っています。プロフィット&ロス・ステイトメント(P/L)とも言われ、経営状況を判断するために使用されています。

ざっくりというと、どれだけ稼いで(収益)・どれぐらい費用が掛かって(費用)・利益がどのぐらい残っているか(利益)が見て取れる諸表です。

「貸借対照表」とは?

この諸表は、「ある一定時点」の資産・負債・純資産の状況を把握するために使用されます。構成としては、「資産= 負債 + 純資産」 となります。内容としては、どれだけの資産を保有しているか、資産を保有するためにどのように調達をしたか(自己・他人から調達、またその金額はどのぐらいか)などが記載されています。

「キャッシュフロー計算書」とは?

この諸表は、「会計期間中」の現金の流れを表したものです。簡単に言うと、どのくらいの現金があるかということを把握するために使用されます。内容としては、資金の流れを「営業活動」・「投資活動」・「財務活動」の3つに分けて使用します。

まとめ

不動産投資において必要となる財務諸表について、ざっくりとご紹介してきました。長期間をかけて収益をあげていくことになる投資ですが、この3つの諸表を用いてきちんと現状を把握し、将来をシミュレーションしていくことが重要なポイントとなります。