不動産投資と投機の違い~安定収入をもとめるなら不動産投資がおすすめ~


不動産投資という言葉は、よく聞きますが、一方で不動産投機については、あまり聞いた事がないと思います。どちらも同じ不動産投資であると思いますが、では、何が違うのでしょうか? 今回は、不動産投資と不動産投機の違いについて書いてみたいと思います。

不動産投機とは?

不動産投機は、不動産物件を買って値上がりしたところで売る手法で、不動産を購入し売却益(キャピタルゲイン)をえる方法ですが、短期的なリスクを背負ってお金を取りに行く「不動産投機」の事です。

例えば、土地などを含めたアパートの一棟買やマンションの一棟買いなども高額の買い物となりますので、ほかの投資であるFXや外貨貯金、株取引、暗号通貨などと並びリスクを伴う事をしっかりおさえておきましょう。

投資と投機の違いは何?

不動産投資が賃貸などからの収入を目的とし長期で保有し安定的にお金をゆっくり増やすためじっくり資産を育てていくので、毎月安定した家賃収入が入ります。

不動産投資は空室がない限りどちらかというと「ミドルリスクミドルリターン」といわれていて中間的な投資方法で安定しています。

それに比べ投機とは、短期で収益を上げるため売買をくりかえすため成功報酬による利益も大きいのですが、失敗すると損益を出す可能性があります。また、いろいろな経済の状況により価格変動する場合があり、大きなリスクを伴う「ハイリスクハイリターン」といえるでしょう。

不動産投資と不動産投機をやるならどちらがいい?

上記でも紹介しました不動産投資と不動産投機の違いについてですが、不動産投機の場合、専門の知識がとても重要になってきますので、はじめての方にとっては、あまりにもリスクが大きく危険でしょう。

その反面、不動産投資であれば、毎月定額で少額からできるもので、ワンルーム投資から始めると良いでしょう。アパートの一棟投資、戸建て投資などは高額投資になりますので経験と知識が必要になってきます。

不動産投資の選び方

では、良い不動産投資をするための物件選びは、どのようなポイントをおさえて選べば良いか下記で紹介しましょう。

1.物件の立地条件や周辺環境、商店街があり生活するのに便利か? また、駅までの距離が多少遠くても自転車などでの移動やバスなどの交通機関、移動手段の利便性はどうなのかチェックしましょう。

2.外観や築年数、コンクリート造り、木造造りなどの構造などで入居者が借りるニーズはあるかどうかチェックしましょう。

3.物件が新築なのか中古なのかによっても利回りがかわってきます。高利回りで適切な物件選びをチェックしましょう。

4.内覧をして、収納や水回りその他、いろいろな設備、セキュリティ対策がちゃんとおこなわれているかチェックしましょう。

5.不動産会社の物件管理は行き届いているのかチェックしましょう。

まとめ

これまで、「不動産投資」と「不動産投機」の違いについてみてきましたが、投資と投機では、目的が違いや、リスクの違いがあります。リスクを望まない方でしたら、毎月安定した収入が入ってくる不動産投資を選択すると良いでしょう。