不動産投資で失敗しないための情報収集の方法


不動産投資は一回の投資額が大きいため、失敗が許されないという側面があります。失敗をしないために重要になってくるのが「情報」です。いち早く正確な情報に接すれば、それだけ失敗のリスクは大きく減ることでしょう。ここでは失敗しないための情報収集の方法をご紹介していきたいと思います。

不動産投資の目的を決める

一口に不動産投資といっても、目的によってその形は大きく変わって来ます。例えば「副収入的なものが欲しい」「老後に備えて資産形成がしたい」「とにかく儲けたい」「相続税対策がしたい」などなど、目的によって収集しなければならない情報は異なってきます。自分が求める情報はどれなのかをしっかりと見極めるには、不動産投資の目的を決める必要があります。

不動産投資情報の収集方法

「不動産投資をしよう!」と思い立ったとしても何から手をつければ良いのでしょうか。ここでは具体的な不動産投資情報の収集方法を紹介していきます。

書籍からの情報収集

まずやるべきことは書籍からの情報収集です。不動産投資の専門家が書いた書籍は図表も多く、ネット上の記事よりも分かりやすく信頼性も高いことでしょう。書籍を選ぶ際は新しいものから選ぶことをお勧めします。

インターネットで検索

インターネット上にも不動産投資情報はあふれていますが、やはり専門家が書いた書籍ほどの信頼性はないというのが現状です。ここは書籍に出てきた専門用語を検索するといった程度に留めておきましょう。

セミナーに出席する

不動産会社が開催するセミナーに出席しましょう。最新の情報を得られるチャンスです。
また、多くのセミナーでは質問なども受け付けますし、中には個別面談なども受け付けているセミナーもあります。利用しない手はないでしょう。

公的機関の情報をチェックする

公的機関やシンクタンクのWebサイトからは「現在、人気のあるエリア」や「将来、需要が高まるであろうエリア」なども予測することができます。人気のエリアで不動産投資を展開できると有利に働くことは間違いないでしょう。

物件情報はWebサイト・広告から

不動産投資の概要が掴めたら、具体的な物件情報を収集します。「どのエリアで、価格はいくら」と具体的な条件でWebサイトを検索してみましょう。また新聞のチラシにも新築物件などの広告が多く出ているのでチェックしましょう。

不動産会社の営業マンと親しくなる

信頼できる営業マンと親しくなりましょう。信頼できる「プロ」として良き相談相手になるでしょう。そんな営業マンと出会うには、信頼できる不動産会社を選ぶなど「足で稼ぐ」ことも必要になるでしょう。

購入前の現地調査

これはよく言われることですが、物件を購入する際は必ず現地に赴き調査しましょう。昼夜だけでなく、平日、休日でも物件の趣は変わってきます。

まとめ

ここまで、不動産投資で失敗しないための情報収集の方法と題してご紹介してきましたが、失敗しないためにはやはり少々面倒なこともしなければなりません。家でパソコンを見るだけでなく、セミナーに出席したり、不動産会社の話を聞いて回ったり、営業マンと親しくなったりと「足で稼ぐ」時代はまだ終わっていないということがお分かりいただけたかと思います。