不動産投資は不労所得と考えるよりも事業を行う事


不動産投資は、他の投資方法に比べるとリスクの低い対象になっています。個人事業者だけでなく、サラリーマンの副業としても目立っています。不労所得としての投資先と考える事もできますが、実際には、事業や経営として考えた方が良いのではないでしょうか。

不労所得について

自分で直接働く事以外で、収入を得る事であり、配当金や家賃収入などが不労所得と呼ばれています。「預貯金の利子」や「株式の配当金」、「アパート・マンションの家賃収入」などが該当します。

ただし、「株式の配当金」は、株式によってもたらされる収入であって確実なものではありません。「預貯金の利子」に至っては、低金利やゼロ金利においては、微々たるもので、あてにできる収入とは言えないのです。

「アパート・マンションの家賃収入」の場合は、絶対とは言えませんが、安定した収入を想定できる対象となっています。

サラリーマンの副業

不動産投資を副業としているサラリーマンが増えているのは、直接的な労働以外に収入が見込める事で、不労所得として捉えているからです。

不動産投資の実施方法

サラリーマンが直接管理をする事は難しく、本業に支障をきたす事を避ける為に、管理会社を利用する場合があります。自分自身で管理を行う方が委託料を払わずに済みますが、本業以外の時間を賃貸管理に向ける事は大変な事で、直接の労力は不労所得とも言えず、副業としても妥当だと言えなくなるため、委託管理も仕方のないことです。

計画的な運用で事業として遂行

投資物件をすすめられて、何も知らないままでも投資を行えますが、無謀とも言えます。不動産投資も専門的な知識を学んで計画的な運用を実施する事で、より確実な投資方法に近づける事ができるのです。
不動産相場や利便性などの環境、地域による需要と投資物件のターゲットの想定などを踏まえて、物件の確保が必要になります。不動産投資における「利回り」も考えなければならないので「表面利回り」だけでなく「実質利回り」も検討して投資物件を決める事も必要です。

不動産投資は物件取得の為に、融資を受けて長期的にローンの返済をして行くので長期的な運用計画は、投資金額の回収の為に必要になってきます。

融資を受ける場合に有利な会社員

公務員や会社員の方が、不動産投資の融資を受ける場合に有利に働きます。公務員の信用面や安定した収入が、審査の対象になるので、会社員の副業として有利に融資を受ける事ができるのです。

不労所得に惑わされない事

不動産投資で「不労所得」だけに捉われると「自然に金のなる木」のように勘違いしてしまいますが、事業や経営として考えた場合に不動産業界の動向や賃貸物件の需要・環境の変化や金利面の動向・投資物件に対しての利害関係などを、今後の運用に影響がないか情報収集も事業の一部として考える事が必要です。

健全な賃貸経営を続けて行く事で実績を評価される事になり、不動産投資の事業拡大に役立つ事にもつながります。投資物件としての利用価値の判断も必要になり、所有物件を処分して新たな投資先を見つける事も大事です。

まとめ

不動産投資は、副業と考えた場合に不労所得として適切ですが、事業として考えた場合に、事業の拡大や収入の増加を目指す事を検討するのが妥当な考え方です。投資の繰り返しによって不動産投資の対象を増やして事業の拡大を目指す事も必要になってくるでしょう。