不動産投資を成功させる為のルールが必要


不動産投資を単なる不労所得と思っている方は、要注意です。他の投資に比べて比較的リスクが少ないとは言っても、成功に導く為の色々なポイントを検討する事が大事です。特にこれから不動産投資の参入を考えている場合には、不動産投資を成功させる為のルールについて紹介しましょう。

不動産投資にもあるリスクを判断する

リスクには、色々な要素が含まれています。単純に考えた場合の例では、投資金額が大きければ、その見返りとなる収益も大きくなる事になりますが、失敗した場合のリスクも大きくなってしまいます。

1.ハイリスクを避ける
不動産投資の中にも、リスクは存在します。大きな投資で大きく見返りがあって当然と言えるのですが、必ず成功するとは断言できません。不動産投資での収入は、家賃収入をメインとして賃貸物件を提供する事です。

そこには、需要と供給のバランスがあるので、必要な対象が多ければ「リターン」の価値は高まり、逆に提供する物件が多すぎて余るような状況下では、いくらその価値や内容が素晴らしくても、供給価値としては、下がる場合や必要とされなくなってしまいます。

このようなリスクは、社会情勢や周りの状況にも関係しており、不動産市場の動向によっても大きく左右されるので、大きな投資は「ハイリスク」の可能性も考えなければならないのです。

2.分散投資を行う
投資のリスクを減らす方法として、分散投資も必要となります。わかりやすい例で言いますと、投資価値の高いワンルーム・マンションの投資でも1件の所有では、確率は50%ではなく、ゼロか100%となる事です。

いくら需要が多く投資価値が高くても、1件の所有では、利用者が転勤などで引っ越した場合の期間において、収益はゼロとなってしまいます。1件だけの投資の場合は、よほどの優良物件であっても、そのリスクは避けられないのです。
分散投資によって、そのリスクを減らす事につながるので、リスク対策として考えておきましょう。アパートなどの場合もリスクは避けられないので、その空室対策も必要です。

専門知識と情報収集を更新する事

サラリーマンの副業として不労所得の対象となりますが、投資先に賃貸経営が含まれているので、健全な運用を行う為には不動産投資に必要な学びと情報の収集が必要となります。

1.情報収集は複数の視点で捉える事
不動産事業者による情報は、大手企業や中小企業ではスタンスが異なる為に、投資対象によって情報の価値が変わってきます。マンションの投資やアパートの投資、その為に必要となる融資に関係する金利における金融機関の動向を検討します。

不動産事業者と大家と入居者の立場などで、情報を分析する事も重要です。それぞれの立場で情報を捉える事で、不動産業界の情報が、誰に有利なのか、買手や売手で考えた場合に、大家と入居者の需要や供給の増減を把握する事ができ、投資物件の利用価値を正確に分析できます。

金利対策や不動産市場との関係・インフレやデフレが与える影響なども検討する必要が出てきます。単なる不労所得ではなく流動的な存在価値として検討が必要です。

出口戦略や見切りも計画の1部である

不動産投資は順調に運んでいても、投資期間の継続や終了について考える必要もあります。もとより計画の1部として、1つの投資計画について期間の運用や損切の実施も想定しておく事です。

利益が出ている場合に、次の投資への切り替えや、マイナスが出た場合の物件の見切りも検討しておくべきです。最初から、運用期間や損切の基準を設けておけば、マイナスが出る前にプラス収支で次の投資を実行可能になり、想定していた損切の基準を設ける事によって、リスクを最小限に抑え、失敗のままで終了する事を回避できます。

不動産投資の利点は、相場の変動を緩やかに受ける事であり、下落する方向が気づきにくいのですが、損切の基準があれば不動産投資の出口戦略がわかり、その物件の処分などへ移行しやすくなります。不動産価値は経過年数で売却価値がなくなる事も踏まえて、運用期間を予め決定しておく事が必要です。

まとめ

不動産投資を成功させる為のルールとして、それぞれ必要なポイントを紹介しました。不動産投資の手頃さから参入しやすい投資なのですが、投資のルールの判断基準を設けておく事で、リスクの回避と成功する為に重要なポイントとなります。