年収が低くても不動産投資は可能か?


不動産は高額商品のため、大抵は手持ちの資産以外にも、金融機関からの融資を受ける必要があります。しかし、年収400万円以下になると、融資を検討してくれる金融機関は非常に限られたものになってしまいます。今回は、不動産投資を検討している方で、年収が少なくても融資を受けられる方法を考えていきます。

不動産投資で利益を得る基本

不動産投資は大きくインカムゲインとキャピタルゲインに分けることができます。キャピタルゲインは安い時期に購入した不動産物件を、価値が上昇してから売却する手法です。インカムゲインは家賃から得られる収入で、長期にわたって利益を得ることができます。

インカムゲインを行うにあたって収益と金利・融資期間の関係性は非常に重要な要素であり、如何に好条件で借入ができるかが利益を得るカギとなります。

年収の違いによる借入額の限度

投資を行う前に金融機関に借り入れを行いますが、融資金額は様々な要素を審査されて決定されます。職業・勤務年数・家族構成・クレジットヒストリー・貯蓄・物件の評価と収益性などが挙げられますが、年収は特に重視される項目です。ただし、年収が低くても融資を受けられる方法はあります。

頭金の準備

頭金をできるだけ多く準備することです。足りない分をローンで賄うという形にすれば、担保価値比率が高くなりローンの審査にも通りやすくなります。貯蓄状況が口座履歴で確認できると更に信用度が高くなります。

節税対策を控える

確定申告する際に、所得税や住民税の節税対策のために個人事業主の方はできる限りのもの全てを経費計上すると思いますが、所得を低く抑えてしまったことで審査に通らなくなることがあります。好条件で融資を受けるなら、必要以上のものを買って節税という対策方法は控えたほうがよいでしょう。

少額の不動産投資なら中古木造アパート

小額の投資なら中古の木造アパートが一押しという話を耳にしますが、どうでしょうか?
中古物件で融資を受けるうえで注意しなければならない点として、耐用年数があります。木造中古アパートは低リスクで運営できるというメリットがありますが、耐用年数が少ないという問題が出てきます。

木造アパートの耐用年数は22年となっており、22年から購入した時点の築年数を引いた年数しか融資を認められず、積算価格も耐用年数が超過すると建物価格が0となり、物件の価値が非常に低くなります。

逆に考えると利用して土地の価格だけで安く購入できるということでもあり、中古木造アパートは初期投資にかかる自己負担は大きいですが、空家率や修繕費も念頭に置いて上手く融資を受けることができれば、少しずつですが比較的安定した収益を得ることができます。

まとめ

住宅を購入する方が減少傾向にある今、ゼロ金利や補助金といった国策もあり比較的融資が受けやすくなっており、頭金や節税対策を控えるといった方法を実施すれば、年収が低くても審査に通る可能性は大いにあります。新築・中古問わず、年収が低くても融資が受けられる一番の方法は、信頼できる仲介業者に相談・依頼をすることです。諦めず予算や投資にかけられる時間を相談し、自分に合った投資を考えてみましょう。