不動産投資におすすめ出来る地域はあるのか


不動産投資に適した土地や物件は、どの様に探せばよいのでしょうか。お勧めの地域などの調べ方が分かれば、勿論苦労はしなくて済むわけですが、中々良い物件と言うものは見つけにくいものです。今回は投資に適したおすすめの物件の探し方を見てまいりましょう。

不動産投資の進め方

不動産投資で収益を上げるためには、2つの方法があります。まず不動産を所有しその家賃で収益を上げる「インカムゲイン」方式と、不動産の売却で利益を目指す「キャピタルゲイン」の2つの方法です。

初めて、もしくはまだ不動産投資に慣れてない方には、インカムゲインがメリットも大きく理解しやすいのではないでしょうか。まずインカムゲインの最大のメリットは、条件はありますが、毎月定期的に安定した家賃収入があるという事です。

安定した家賃収入を得るためにはその物件に入居者がおり、空き部屋が少ない事が条件となります。家賃は毎月一定額を支払うものですので、入居者が多いほど毎月安定した収入を得る事が出来ます。

また賃貸というものは、一度入居したならば一般的には数年間住むのが普通です。その間家賃は毎月発生しますので、安定収入と言えるのではないでしょうか。

こういった理由から不動産投資を始められる方はインカムゲインのほうが、不動産投資の進め方としては適当であると思います。

一方キャピタルゲインは、不動産を売却した際に購入した金額より大きい場合、その差分が収益となる方式です。例えば5,000万円で購入した不動産が6,000万円で売却出来た場合、約1,000万円の収益が得られるという事です。

しかしながら、売却できるまでは収益を得るのは困難です。ですが売却できるまでの間、不動産を貸し出すことにより収益をあげる事は可能です。こういった方式がキャピタルゲインと呼ばれるものです。

不動産投資のメリット

●家賃相場は安定しておりインフレにも強い。
●住宅ローンを使い、少ない自己資金で投資が始められる。
●自己資金を少なく不労所得を得られる。
●管理会社などを使えば、ほぼ放置の状態で運用できる。
 
これらのメリットは投資としては非常に大きなものであり、管理会社などに委託すればそれらの費用は掛かりますが、ご自身で入居者を見つける手間や退去後の管理などを任せる事が可能です。

不動産投資に適した地域

以上のような状態を維持するためには、まず何処に不動産を所有するかという点が大きな問題となります。安易に都会に不動産を所有すればよいという事にはならないのです。例えとして東京に不動産を所有するためには、かなり高額な投資が必要となります。

初期投資が大きいという事は、回収には時間が掛かるという事になります。また昨今テレワークという働き方も増えてきており、あえて東京など都市圏でないと利便性が悪いという事にはならなくなってきています。

そういった意味でも、都市部よりも少し離れた地方と呼ばれる地域の価値観が見直されてきております。こういった地域の物件は都市部に比べれば、かなり初期投資が抑える事が可能な物件が存在します。

今後不動産投資をお考えなら、こういった地域に目を向ける事は必然と呼べる傾向になってくるのではないでしょうか。

まとめ

不動産投資、とくにインカムゲインをお考えなら、都市部を離れた交通の利便性に優れた地方の物件に目を向けられることをお勧めいたします。不動産投資は抑えた初期費用で始める事が、大きな利益へと繋がるのではないでしょうか。