不動産投資のローン金利とその相場 ~低金利で受ける方法は?~


不動産投資の運用を上手く軌道に乗せるためにも、金融機関からの借入金利は重要なものの1つでしょう。低金利で組めれば、それだけ運用に関わる出費に資金を向けることができ、総支出が抑制できるだけでなくキャッシュフローも安定させられ、より堅実な資産運用が可能となります。不動産投資のローン金利について、相場はどのくらいなのかを中心に話しを進めます。

一般的金利の相場

借入先ごとの金利相場についてご紹介します。以下の通りです。

●地方銀行系などは、1%半ば~4%半ば。
●大手都市銀行系は、1%。
●金融公庫系は、1%~2%。
●信用金庫系は、1%~3%前後。
●ノンバンク系は、1%~4%前後。
●日本政策金融系は、1%~ 2%というところです。

結構、金利の幅にひらきがあることが分かります。なぜ?ひらきができるかというと借入する側の年収や物件条件が関わっています。年収が500万円以上ないと、低金利の金融機関への申請が難しいと言われています。

金利の種類

主に2つの金利があります。1つは「固定金利」でもう1つは「変動金利」です。それぞれメリットを持っています。

〇固定金利
こちらは、ローンの返済額と金利分の支払額が事前に決定しているので、資金についての計画が立てやすいという面や、金利が上がったときも契約時の低金利が維持できます。

〇変動金利
この金利は、固定のものより金利が低くなっており不動産投資ローンを組む場合は、こちらを選ぶ方が多いです。この金利ですと利息は少なくて済み、短い期間のローンであれば金利が低いまま完済できます。

不動産投資 低金利の借入法

ここまで金利の相場や2つの金利の種類をご紹介しましたが、ではどうすれば低金利で借り受けできるのでしょう。不動産投資において、好条件で借入できる定番は以下の3つになります。

①物件を紹介した不動産業者の紹介
普通会社員の方などで、預貯金以外で金融機関と付き合いがある方は少ないでしょう。その際、物件購入を考えている不動産業者からの紹介がおすすめです。

金融機関は取引実績を重視します。融資する際は前述した年収や物件に関連することは勿論言うまでにないですが、どの不動産業者の案件なのかを厳しく査定しています。

②利用している金融機関へ打診
まずは普段利用している金融関連に融資の打診をしてみましょう。機関としても既に利用している方が、他の機関で融資をされることは避けたいでしょう。更に個人についての経済状況が分かっている分、融資条件が良くなる可能性や審査にかかる時間が短くなります。

③条件の良い金融機関をまわり続ける
都市銀行において融資基準が厳しいため難しいと判断されれば、地方銀行へと順番に融資先を求めてまわることを勧めます。

〇融資条件の鉄則
融資条件で金利と共に重要なものが「融資期間と融資割合」です。期間は長くすることが大切です。借金返済は早くと思われるでしょうが、キャッシュフローが圧迫されていると、次の融資が引き出しにくいという影響も出ます。

融資割合は大きくが鉄則です。融資割合を換言すると「自己資金の割合」と言えます。よって、自己資金を多く入れるとキャッシュフローは安定します。

まとめ

不動産投資においてローン返済を組む場合、金利の相場を知っていることは投資運営で必須となります。その相場やどの様な金利があるのか、また低金利で融資頂く方法などについて見てきました。不動産投資は、不動産業者を通してされることもご検討ください。