不動産投資の主な目的 ~リスクの存在と回避も考えよう~


投資というからには、しっかりとした目的がなくてはなりません。その目的には幾つかあると思います。不動産投資が他の投資と異なる点は、銀行ローンなどを活用して他人資本で資産の形成を行なえる事です。目的として最も多いのは、長期間に渡り家賃収入を得る事などがあげられるのではないでしょうか。今回は不動産投資の目的について見てまいりましょう。

不動産投資

不動産投資とはどの様なものなのでしょうか。投資というからには、なにか大きなデメリットがあるのではないかと考えがちですが、数ある投資の中でも不動産投資は他に比べると、比較的安定したものと言えます。

最も一般的な不動産投資はまず不動産を購入し、それを他者に貸しだすことで家賃収入を得るといった物です。これは、老後の資金が不安といった人にとって魅力的な投資と言えます。20代など若い年代から始められる方が多いのが特徴の1つです。

この投資は、順調にいけば安定した収入が毎月得られ不安要素も少ない為、ミドルリスク・ミドルリターンな投資と呼ばれます。株式やFXなどはハイリスク・ハイリターンなものです。得られるものの期待値も大きいが、リスクもその分大きいと言えます。

不動産を所有するという事は、ある意味で2つの利益を得る可能性があります。その1つは家賃収入を得る事、もう1つは購入した時期よりその価値が上がった場合、それを売却して売却益を得られる可能性があるという事です。

家賃収入とは簡単に言えば、賃貸物件の入居者から得られる家賃の事です。これはそう簡単に変動するものではないので、ある程度安定した収入と言えるでしょう。しかし家賃全額が収入とは言えません。維持費や経費などが発生する事があるからです。この様に収入を得る事が不動産投資と呼ばれるものです。

投資の目的

投資の目的とは、そのものずばりお金を増やすことです。銀行に預金をしても今の金利の安さでは、お金を増やすことはかなり難しく、銀行預金以外でお金を増やすために行なうのが投資ということになるのです。

しかしながら投資は必ず増えるといった保証はなく、元あったお金が減る事も十分あり得るというのが投資だと言えます。すなわちリスクが伴うという事です。

投資とは、その目的通りお金を増やすことの為に始めるのですが、失敗した場合には減るだけではなく、負債を抱える事もあるという事を理解したうえで行なわなければなりません。

その投資の中でも、より安定したものが不動産投資と言えます。最悪の場合でも不動産を売却する事により、その損害をより小さいものにすることが可能だからです。ハイリターンな投資ではないかも知れませんが、リスクは他の投資より小さいと言えるかも知れません。

まとめ

不動産投資に限らず投資全般にいえる事ですが、リスクも存在するという事もよく理解して、リスク回避も計画の段階から十二分に検討して行ないましょう。