不動産投資をやるべきかどうか迷っているあなたへ


最近、不動産投資がブームの兆しを見せています。興味はあるけれど、やってみようかどうしようか迷っているあなたへ、ずばり、あなたが不動産投資に向いているかどうかがこの記事を読めば分かります。是非、最後までお読み下さい。

不動産投資をやるべき人

不動産投資をやるべき人とは、ずばり、次に挙げる様な人です。

●安定した給与所得のある人
●不労所得を得たい人
●現在の収入だけでは不安がある人
●長期目線で投資に取り組める人

順番に解説していきます。

安定した給与所得のある人

大手企業にお勤めの方や公務員、士業を営んでいる方など、安定した高い収入がある方なら、不動産投資を始める際に銀行などの金融機関のローン審査に通過しやすいと言われているので、不動産投資に向いていると言えます。

また、確定申告をする際に損益通算をする事で節税効果も得る事ができる為、仮に不動産投資で利益を出せなかったとしても結果として得をする事になるので、不動産投資を始める価値は十分あると言えます。

不労所得を得たい人

現在、仕事をしているがそれプラス不労所得を得たい人、または何らかの理由で会社勤めが難しく、他の方法で収入を得る必要がある人にも不動産投資は向いています。不動産投資は、入居者の募集から、物件の管理、家賃の集金などを管理会社へ委託する事ができる為、大家さんは自分で動くのは最小限で済む事が特徴の投資です。

文字通り不労所得を得たいと考えている人には是非、おすすめしたい投資が不動産投資なのです。

現在の収入だけでは不安がある人

現在、何らかの仕事についていて、ある程度の収入はあるが、それだけでは将来の暮らしに不安があるという人にも不動産投資は向いています。前述の様に、不動産投資はその果たすべき役割の大部分を管理会社へ委託する事が可能です。

その為、今の仕事はそのまま続けながら、不動産投資も始める事でプラスアルファの収入を得る事ができ、将来の不安を解消する手助けになります。

長期目線で投資に取り組める人

不動産投資を始めるにあたって最も重要な資質と言えるのが、長期目線で投資と向き合えるかどうかかも知れません。不動産は、決して安くはない買い物です。不動産投資を始める時、多くの人が自己資本だけではなく、銀行などの金融機関から借り入れを行います。

それを返し終わるまでは、不動産から入ってくる収入を全て自分の収益とする事はできません。金融機関から借り入れたお金を返し終わって初めて、不動産から入ってくる収入を全て自分の収益とできるようになるのです。

もちろん、管理会社へ業務を委託している場合にはその費用を支払う必要があり、不動産の維持管理費は必要になります。不動産投資はそういった長期にわたる支出と付き合える、長期目線を持った人にこそふさわしい投資と言えるのです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。あなたはここに挙げた不動産投資に向いている人の条件に当てはまっていたでしょうか。当てはまっていたという方は、是非、もう一歩前へ踏み出してみて下さい。きっと新たな世界が広がります。