不動産投資を始めるタイミング


投資にも色々と種類がございますが、どの投資も始めるきっかけというものがあり、また始めるタイミングも重要です。その中でも不動産の投資はいつ始めればよいのか中々、不動産投資について余り見識のない方にはそのタイミングを計るのは難しいものです。今回は、不動産投資について見てまいりましょう。

投資とは

まず投資とは、基本的に言えば、ある事業に将来見込まれるはずの利益を予測しその事業へ資本を出資する事です。そして何故投資をするかといえば、今述べた通り投資先からの配当などで将来お金を増やすために行うものです。

投資には多くの種類があります。知名度が高いものは株式投資や投資信託などがあります。それ以外にも国債・外貨預金・不動産投資といった物があります。今回のテーマでもある不動産投資にも、不動産投資信託(REIT)と呼ばれるものもあります。

不動産投資

今回はこのREITではなく一般的な不動産投資について見てまいりましょう。不動産投資は数ある投資の中でも比較的安定したものと言われています。不動産投資とは利益があがる事を前提に土地やアパート・マンションなどに投資をする方法です。

利益のあげ方には大きく分けると2種類あります。投資した不動産を貸し出してそこからの家賃収入を得る方法と、ある物件を購入し、その物件価値が上がればそれを売却し購入価格と売却価格の差額で利益を上げる方法があり、これが不動産投資です。

タイミングで見るならいずれの方法ともにこれが大事だという事が言えます。投資をするにはまず投資にはメリットと同時に大きなリスクもあるという事を覚悟する必要があります。得るものが大きいほどリスクも大きくなります。

そのリスクを少しでも避けるためにも、投資を始めるタイミングというものを理解しておきましょう。そのタイミングは大まかに分けると3つあると思います。

●自身の属性を活かす事
自身の属性とは、勤務状況・年齢・トータルの収入額です。この属性により、金融機関から幾ら借り入れが出来るかが変わってきます。そして借り入れを行う時の金利が幾らかという事で最終的な支払総額が変わってきます。

したがって、金利の低い時に投資を始めれば返済総額は長期的にみれば安くなります。という事は投資で得た金額から返済額を差し引いた時の金額に差が出ます。投資による収入額が変わると言う事です。投資に必要な資金を借りる時期が一つのタイミングです。

●投資する物件が好条件である場合
不動産投資が成功するか失敗するかは、対象物件によるところが大きいと言えます。対象物件の立地条件・中古か新築か・一棟か区分所有かなどで投資するべきかどうかの判断をし、良い物件に出会えた時も良いタイミングです。

●上記のタイミングで物件が見つかった時の状況
良いタイミングで物件が見つかり、投資するに値すると判断した時に最も大事なことは投資資金が用意出来るかといった事が問題です。そのタイミングで金融機関などから融資が受けられるとしたら条件的に投資すべき時といえます。

不動産投資を始められる条件が揃った時が良いタイミングと言えますが、出来るなら年齢も若いほうがある意味において有利なタイミングです。不動産投資にはある程度大きな資金が必要です、その返済年月も長くなりがちな分、始めるなら若い時の方が将来楽になります。

まとめ

何事もそうですが、いきなり何の知識も無しに物事を始めるものではありません。不動産投資も始めるときには、やはり長い経験と深い知識のある不動産会社に相談する事も良い投資を行う条件に入るのではないでしょうか。情報が多いに越した事はありませんから。