不動産投資におけるキャッシュフローのマイナスは良くない?キャッシュフローの重要性についても徹底解説!


近年、不動産投資に興味を持たれている方は多いのではないでしょうか。しかし、不動産投資においてキャッシュフローとはどのような意味なのかを説明できる方は少ないと思います。そこで今回は、不動産投資におけるキャッシュフローについて、キャッシュフローがマイナスだとよくない理由や、不動産投資におけるキャッシュフローの重要性をご説明します。

 

目次

1.不動産投資におけるキャッシュフローとは?

2.キャッシュフローがマイナスだとダメ?

3.キャッシュフローって重要?

4.不動産投資におけるキャッシュフローの重要性

5.まとめ

 

1.不動産投資におけるキャッシュフローとは?

不動産投資でいうキャッシュフローとは、家賃収入からローンの支払いや運営経費、税金などを差し引いたあと、手元に残る金額のことを指します。

式にすると以下のようになります。

キャッシュフロー = 家賃収入 -(ローン返済額 + 運営経費 + 税金)

 

2.キャッシュフローがマイナスだとダメ?

キャッシュフローがマイナスになると、その分を手出し資金で補うことになります。そのため、キャッシュフローがマイナスになるのを回避することはとても大切なのです。利益を求めて行うはずの不動産投資なのに、利益が出ないどころかさらに手出しが発生するのでは意味がありませんよね。キャッシュフローが仮にマイナスになってしまったら、できるだけ早くプラスに転換させる必要があります。

 

3.キャッシュフローって重要?

キャッシュフローによって不動産投資の健全性が把握できることから、キャッシュフローは重要なのです。不動産投資を健全に行うためにもキャッシュフローは非常に重要な指標となるということを覚えておきましょう。

 

4.不動産投資におけるキャッシュフローの重要性

キャッシュフローを重視すべき理由を3つご紹介します。

・キャッシュフローに余裕があればストックしている不動産投資によるキャッシュでまかなうことができるため、生活費や給与収入などを使わずに済む

・売却の際に物件の査定額が高くなるため、有利になる

・手元に現金があることが不動産運用では大事

 

5.まとめ

今回は、不動産投資におけるキャッシュフローについてご説明しました。キャッシュフローがマイナスだと良くないことや、不動産投資におけるキャッシュフローの重要性がわかりましたね。着実に利益を出せる、安定した不動産投資を実現するために、ぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。