不動産投資は知識が大切!うまくいかないときの原因を解明しよう!


 

投資をしていると、ときにマイナスの収支になることもあります。そこで大切なのは、自分自身で知識を身につけ、きちんと理解しておくことです。どんな時にマイナス収支になってしまうのか?また、それを回避するにはどのような方法があるのか?事前に勉強しておくと、不動産投資で失敗するリスクを減らすことができます。そこで今回は、不動産投資においてマイナス収支になる原因をご紹介します。

 

目次

1.不動産投資におけるマイナス収支

2.マイナス収支の原因とは?

3.まとめ

 

1.不動産投資におけるマイナス収支

不動産投資においてマイナス収支とは、毎月の家賃収入から月々のローン返済額などを差し引いた時にお金が足りなくなる状態を指します。簡単に言うと、入ってくるお金より出ていくお金の方が多い状態のことです。マイナス収支の状態では、大家さんであるあなたが自分の貯金を取り崩してお金を出さなくてはいけないため、決してうまくいっている状態とは言えません。

 

2.マイナス収支の原因とは?

ではなぜマイナス収支になってしまうのか、その原因を2つご紹介します。

<原因1>

・物件の維持費

不動産投資には、維持費がかかります。具体的には、管理費や清掃費、修繕費などです。これらを考慮せずに安易に物件を購入してしまうと維持費が高くついてしまい、毎月の収支がマイナスになる可能があります。

これを避けるためには、修繕費を抑えられる築浅の物件を選んだり、定額で物件の管理を請け負ってくれる不動産管理会社を見つけたりするとよいでしょう。

<原因2>

・家賃の下落や空室問題

築年数の経過に伴う家賃の下落や、空室が生じることです。

これを避けるためには、候補物件に近い条件の過去の家賃変動例を見せてもらったり、好条件の物件を探したりするとよいでしょう。

 

3.まとめ

今回は、不動産投資におけるマイナス収支についてご説明しました。物件の維持費や家賃の下落など、マイナス収支になってしまう原因がわかりましたね。一方で、もしそのようなうまくいかない状態に遭遇しても、対策をして成功に繋げる方法もわかりました。このように、不動産投資はどのようにしたらうまくいくのか、しっかりと自分自身で調べることが大切だということも学べました。不動産投資って面白そうだなと興味を持たれた方がいらっしゃいましたら、ぜひ不動産投資の知識を身につけて不動産投資に挑戦してみてはいかがでしょうか。