プロパティマネジメントとリノベーション


プロパティマネジメントとは、不動産の資産管理をさす言葉ですね。
不動産投資を成功させるため、価値を高めて利益を得られるようにすると言うことです。
不動産の価値を高めるプロパティマネジメントについてお話しましょう。

■価値を高めるプロパティマネジメントとは?

最適な運営戦略をたてて、物件の価値を高めるのがPM-プロパティマネジメントです。
維持管理で資産の寿命を延ばすメンテナンス以上の管理運営を行うので、築年数が経つことで空室が目立つようになったり、賃料の値下げがやむを得なくなったりするリスクを避ける事が出来ます。
最近注目のリノベーション物件では、地域の特色、人の流れ、ニーズに対応するプロパティマネジメントで、価値を落とさずマンション経営を成功させる例が注目されています。
中古物件は、間取りや設備の老朽化が問題となって、入居者が集まらず、賃料を値下げするという利益性が低下しやすいところが問題ですが、プロパティマネジメントが優れた業者の物件では、そうしたデメリット要因は全く関係無いと言って良いです。

■プロパティマネジメントに優れた戦略とは?

「単身就労者を狙うならおしゃれなワンルーム物件」
都心で賃貸物件を探す人は、単身の都心勤めの人です。
人物像を絞って、どんな物件を求めているか探っていくと・・・
・30代前後までの単身者で清潔感あるワンルーム希望。
・勤務先に乗り換えなしでいける路線の駅から徒歩10分圏内。
・コンビニかちょっとした買い物が出来る店が徒歩圏内。
・家賃が安いにこしたことはないが、設備が古くさくしょぼいのはイヤ。
「築年数が経っていてもリノベーションでおしゃれに」
あえて古い物件をおしゃれな雰囲気にリノベーションして提供する物件は、築年数で家賃を値切られることもなく、むしろリノベーション費用を見込んだ家賃で提供する事も可能です。
新築で個性のない高い家賃の部屋よりも、おしゃれな雰囲気で家賃がやすいとなれば、かなりの競争力を発揮します。
「便利の良さを低家賃で」
中古物件のメリットとしては、駅から近く便利の良い立地の物件の探しやすさがあげられます。
築年数が古いというだけで敬遠されてきた物件も、リニューアルすれば、十分おしゃれな内装になりますし、経費を抑えて準備出来る分、家賃を安く設定する事が出来ます。
また、外国人にとっては、ちょっぴりレトロな雰囲気も日本らしい魅力となって移ることもあります。

■プロパティマネジメントに優れた業者の強みを利用

プロパティマネジメントに優れている業者は、地域の情報から、物件の価値を高めるアイディアを豊富に持っています。
不動産投資を始めるなら、PM不動産業に自信を持っている業者とパートナーになるこが、成功につながりますね。