不動産投資の元金返済の仕組み


不動産投資は、家賃収入により「元金」と「利子」の返済を行っていきます。実績を積んで投資の増大を狙うには、元金返済のめどをつけて次の融資へ進む事です。今回は、不動産投資と元金返済の仕組みから次のスッテプについて紹介します。

不動産投資の資産を増やす仕組み/h2>
不動産投資の資産を増やすには、投資を成功させてから次の投資へ移行する事の繰り返しになります。

投資物件を安く購入する事や、賃貸経営で高利回りの家賃収入を得る事、時期を見て投資物件を売却して、現金の保有率を高めます。そこから、次の不動産投資へつなげていきます。この繰り返しによって、現金を増やして投資対象を増やしていきます。ここで重要になるのが「元金」の返却割合になってきます。「元金」を減らしていく事で、次の投資対象へと進行する事が可能になってきます。不動産投資で実績を積む事で、銀行融資の可能性が受けやすくなるのです。

不動産投資ローンとキャッシュフロー

キャッシュフローは、家賃収入から経費やローンの返済を差し引いて残った現金の事で、手元に残るお金の事です。不動産投資の「家賃収入」と「必要経費」と「ローンの返済」は、投資を行う前のシミュレーションとして把握しておくべきです。ローン返済には「元金」と「利子」を含めて支払う事になります。金融機関から融資してもらったお金が「元金」になります。

不動産ローンの仕組み

不動産投資ローンの場合は、融資額が「元金」となるので、数千万円から億単位になる事もあります。「元金」は高額となるので、金融機関の審査も慎重になるのです。借りやすい金融機関においては、「利子」が高めに設定されている事があります。毎年一定額の「元金」を支払う事で、「元金」を減らしていく事になります。

「元金均等返済」で返済できれば良いのですが、大半のローンは「元利均等返済」によって毎月の返済は一定ですが、「元金」と「利息」の割合が変化していく返済方法です。「元金」部分の減り方は遅くなってしまいます。ただし、「元利均等返済」のメリットには、当初の支払い額を減らせる事ができて、キャッシュフローの計算が楽にできる点にあります。

「元利均等返済」は、全体を通じて常に一定の支払いで住む事になります。借り入れの最初の内の負担額が減ることが、「元金均等返済」と比べた場合の「元利均等返済」のメリットとなっています。

まとめ

不動産投資の元金返済の仕組みを把握する事で、融資を受ける前のシミュレーションで、投資が成功できるかどうかを判断する事ができます。「元金」と「利子」の返済により、活用できるキャッシュフローは、次の融資の資金として備えておき、所有する資産を増やしていく事で、投資の収入も増大していくのです。