江東区の不動産売却・買取なら地元密着で豊富な実績の東京PM不動産

江東区の不動産売却・買取なら地元密着で豊富な実績の東京PM不動産

不動産投資のインカムゲイン(運用益)について

「不動産投資で儲ける」と聞いて、皆さんはどのようなイメージを持つでしょうか。安い時に不動産を購入し、高い時に売って利益を得る。または、アパートの大家さんになって家賃収入を得る、といったところでしょうか。今回は家賃収入のインカムゲイン(運用益)について見ていきたいと思います。

キャピタルゲイン(売却益)とインカムゲイン(運用益)

土地の値段がどんどん上がった、かつてのバブル時代は、不動産投資といえば、安い不動産を購入し高く売ることで利益を得ることが主流でした。これをキャピタルゲイン(売却益)といいます。しかしながら不動産の価格の上下が読みづらい現在では、この方法での利益の獲得は難しくなっていると言えるでしょう。

一方、アパートの大家さんのように家賃収入が毎月入ってくるものをインカムゲイン(運用益)といいます。キャピタルゲインのように大きな儲けはないものの、長期間、安定的に収入があるということが特徴の一つと言えるでしょう。現在の不動産投資の主流はインカムゲイン(運用益)に移り変わってきています。

資産運用としてのインカムゲイン(運用益)

インカムゲイン(運用益)の特徴として、比較的少額ですが長期間にわたり安定的に収入を得られるということが挙げられます。(家賃収入など)

この場合の考え方としては、投資で大きく儲けるというよりは、資産を低金利の銀行に預けるよりは不動産投資で運用して少しでも利回りの良い収入を得よう、という考え方です。

最近では老後の年金不安から、不動産投資のインカムゲイン(運用益)で安定した収入を得ようという考えの人が増えてきています。

不動産投資のメリット・デメリット

不動産投資のメリットとして挙げられるのは以下の通りです。

・ローンで投資、家賃で返済=一般的な投資は自己資金で行うが、不動産投資に関しては銀行からの借り入れなどで投資を行う。返済は家賃収入から行うのが一般的。
・安定収入。
・私的年金の役割=ローン返済後は家賃収入が年金代わりになる。
・保険として利用=ローン返済途中に本人が死亡した場合、残債が0になる。家族は残された不動産から運用益、または売却益を得ることができる。
・相続対策=現金を相続するより、節税になる。

デメリットとして挙げられるのは以下の通りです。

・初期費用の準備=ある程度自己資金が必要。
・空室リスク
・固定コスト
・不動産価格下落リスク
・天災リスク

など。

まとめ

不動産投資のインカムゲイン(運用益)について見てきましたが、不確実性の多いキャピタルゲイン(売却益)より確実性の高いインカムゲイン(運用益)の方が好まれる理由がわかってきたと思います。年金不安など将来への不安が大きく、ギャンブル性の高い投資よりも確実性で選ぶ時代になってきているのかもしれません。

しかしながら、インカムゲイン(運用益)にもリスクは存在しますので注意が必要です。リスク回避を確実なものにしたいというのであれば専門の業者に相談することをお勧めします。