江東区の不動産売却・買取なら地元密着で豊富な実績の東京PM不動産

江東区の不動産売却・買取なら地元密着で豊富な実績の東京PM不動産

不動産投資の賢い勉強方法

不動産投資の賢い勉強方法

数ある投資の中でも不動産投資は比較的安定しリスクが低いといわれています。では不動産投資をするためには、どのような勉強方法があるのでしょうか?今回は、その不動産投資の勉強方法についてみていきましょう。

不動産投資の勉強方法

1.本で勉強する
不動産投資の本で良いことは、好きな時間にくり返し読めることです。本を選ぶポイントは、専門用語ができるだけ少ない、または初心者でもわかり安く解説されたものをチョイスすると良いでしょう。

2.インターネットでの情報を集める
インターネットは、情報を手軽に調べたりできるのがメリットですが、専門用語が多く、わかりづらいということもあり、広く浅く学ぶと良いでしょう。

3.セミナーに参加し学ぶ
本などであるていど、不動産投資の基礎知識を学んだらまずは初心者向けのセミナーから参加することをおすすめします。本やインターネットで理解できないことや疑問などを質疑応答の時に質問し理解を深めましょう。

不動産投資の種類5選

初心者向けから上級者向けまでの5つの投資を下記で紹介しましょう。

1.マンション区分投資
マンションの部屋単位で投資する方法です。物件が多いことで比較することが容易で購入金額も幅広く、また売却がしやすいメリットがあります。

2.1棟投資
アパートやマンション1棟を購入する投資方法です。1棟投資は、自分の土地を持っている人やまとまった資金がある人に向いています。中古物件投資でもあるていどの資金が必要ですので初心者向けではありません。部屋数が多い分、多少空室があっても収入が安定するという他に資産価値が維持できるメリットがあります。

3.戸建て投資
一軒家を購入する投資方法です。築年数にもよりますが家の状態が良ければそのまま賃貸したりしますが、ほとんどの場合リノベーションなどをすることで資産価値が上がり家賃に反映されます。

4.駐車場投資
土地を整備して駐車場として利用する投資方法です。コインパーキングや月極駐車場があり狭い土地でも低コストで設置でき、駅から遠い場所でも需要があり更地に戻す場合、低コストでおこなえ、維持管理が簡単におこなえるメリットがあります。

5.民泊
主に自宅などをリノベーションし、またはマンションなどに旅行客を宿泊させて利益を得る投資方法です。最近では、外国人観光客の増加でホテルよりも宿泊料が安いことや日本家屋に泊まりたいという理由からニーズが高まってきています。

不動産投資で覚えておきたいチェックポイント

不動産投資の勉強をする際は、下記で紹介する物件選びのチェックポイントが重要となってきます。

・立地条件(駅からの距離など)
・都心や郊外(周辺の環境など)
・築年数(新築、中古)
・部屋のタイプ(ワンルームタイプ、ファミリータイプなど)
・専有面積(部屋の広さや敷地の広さなど)
・部屋数(アパート、マンションなど)

まとめ

不動産投資にも、いろいろな種類があることがおわかりになったと思います。不動産投資の勉強をしっかりしてから、はじめは低リスクで自分の資金調達ができる範囲での投資をおすすめします。