江東区で不動産売却や不動産買取なら東京PM不動産へご相談ください。

まさに今不動産投資が注目されている背景について

現在日本において不動産業界の業績は右肩上がりでまた地価やマンションの価格も高値がついています。
このように不動産、特に不動産投資に注目が集まっている背景について今回考察し説明していきたいと思います。

【マイナス金利政策による影響】

2016年2月に始まった日銀によるマイナス金利政策により個人の住宅ローンや不動産投資用のローンへの融資が活発になり少ない自己資金でも簡単に不動産投資やローン組みできるケースが一昔前に比べて多くなったといえます。

不動産価格が上がっていても金利が低いことによって投資用資金の借り入れが楽で以前よりも不動産の売買がしやすくなり不動産投資に注目が集まっているといえるでしょう。

【若年世代に浸透する不動産投資】

民間の金融機関から融資を受ける際には団体信用生命保険に加入することが義務付けられています。この団体信用生命保険を生命保険のように利用して不動産投資を行うことで毎月の定収入をアパートなら家賃収入から得ることができ手元に資産を残すことができると考えている若年層が増えています。

団体信用生命保険に加入していれば万が一事故や病気で死亡してしまってもこれらの資産を家族に残すことができるため、掛け捨ての生命保険や預貯金を残すことを考えてきた若年層が不動産投資をすることで生命保険の代わりにしようとしているといえます。

【相続税対策としての不動産投資も活発に】

団塊の世代がリタイアし始めていくらか時間が経ちましたが、これらの世代の方々が手元にある資産を投資用不動産に替えて相続税を少しでも抑えたいと考えているようです。

ただし相続税の法改正は度々行われどのタイミングで不動産投資に切り替えるか見極める必要がでてきます。

相続税に関しては今後の動向にも注目です。

【まとめ】

不動産投資が今注目されている背景について3つのポイントに絞って紹介してまいりました。他にも2020年の東京オリンピックを前にした東京での不動産売買の活発化や2040年頃まで続くと言われている東京再開発計画に便乗しようとする不動産投資家が多くなってくることなども予想されます。
さらに超高齢化社会に突入し、老後の年金受給に不安を感じる世代が不動産投資に興味を持つことも不思議ではありません。不動産投資が今注目を集めているのはこれらの様々な要素が重なり合って起こっていることで今後もさらに活発化していくことは間違えなさそうです。参考にされてください。