江東区の不動産売却・買取なら地元密着で豊富な実績の東京PM不動産

江東区の不動産売却・買取なら地元密着で豊富な実績の東京PM不動産

不動産の投資では、対象物件における費用の違い

不動産の投資では、対象物件における費用の違い

不動産の投資は、不動産の売買と不動産の賃貸収入による2つの種類がありますが、土地の値段は情報によって値段が上下したりしますが、情報を確実につかむことは容易ではなく、最近の投資の傾向は賃貸収入による「安全な収入」「安定した収入」が求められています。対象となる物件の違いによって、投資費用も違ってきます。「不動産物件」や「投資費用の違い」ごとに紹介していきましょう。

【不動産物件の対象と投資費用】

・ワンルームマンションへの投資
区分マンション(ワンルームマンションやマンションの1室を購入)の賃貸収入を目指すのは、不動産投資を始める方にとって「安全な収入」「安定した収入」が求めやすい方法だと言われており、都市圏を中心とした戸別の物件が主流となっています。投資予算としては比較的に低予算で始める事ができます。

・1戸建て(1軒家)への投資
賃貸併用の住宅(マイホームの1部)ならば、マイホームのローン返済に助けとなります。遠い未来を予測して最初から2世帯住宅を建てるなどすれば総投資額は費用がかかっても、子供が大きくなるまではマイホームの1部を賃貸住宅にすることで、投資の回収が早く見込める事ができます。本人が住むことによって投資予算は中位でローンを組むことにする。

・アパート1棟への投資
アパートの需要は高く入居率にも影響します。その分家賃は低めですが、交通環境等にもよりますが、新築の入居率が期待できるでしょう。中古物件ならば1棟3000万円位から購入することができますが、「ローン」の審査は厳しくなりそうです。新築ならば5000万から1億超えもありますので投資初心者には慎重になるべきでしょう。

・マンション1棟への投資
不動産投資で最も高めに投資費用がかかります。1億円以上はザラにあり上限は予測もつかないほど幅があります。余程の資金力や経験がある投資家でないと難しいでしょう。ただし、投資以外の収入と回収できる見込みがあれば数億するマンションであっても1割程度の予算でローンは組めることになっています。

【投資前と投資後の費用に対する経営的な利用】

不動産の投資は比較的に少ない投資費用でも始める事ができますが、不動産の管理や運営には、いろんな経費がかかりますので、年間の賃貸収入の約25%を修繕費や管理費などの経費として、経営の為に必要となってきます。

・節税効果の為に経費を利用する
賃貸収入に必要な費用を経費とすることができて節税の大きな期待ができます。個人経営者としては「青色申告」の申請でさらに節税が出来て、損益を3年間に渡って利用できます。

・ローンに対して生命保険
団体信用生命保険への加入によって、万が一の時の死亡や障がいに備える事ができます。不動産のローンに対するリスクが保障することができる。

不動産の投資費用は、投資する対象とする物件によるものが大きいですが、ローンをくむことによって、投資予算は少なくすることができます、新築ならばローンの審査に通りやすくなるので、初期費用は少なくて済むでしょう。リスク管理も考えるならば、ワンルーム・マンションの入居率の高い物件を多く所有することも考えて投資費用を上手に活用した方が良いでしょう。不動産投資の経営・知識など東京PM不動産のサイトをご利用くださいませ。