江東区の不動産売却・買取なら地元密着で豊富な実績の東京PM不動産

江東区の不動産売却・買取なら地元密着で豊富な実績の東京PM不動産

不動産売却を本人以外が行う際の注意点と手続きの流れ

不動産売却を本人以外が行う際の注意点と手続きの流れ

不動産の売却を行う際、所有者本人が直接手続きを行うことが一般的ですが、さまざまな事情により本人以外が代理人として売却手続きを進めるケースも少なくありません。例えば、高齢の親が遠方に住んでいる場合や、健康上の理由で自ら手続きを行うことが困難な場合、または相続によって不動産を受け継いだが、自分では管理や売却が難しい場合などが考えられます。

代理人が不動産売却を行う際には、通常の売却手続きとは異なる点や注意点がいくつか存在します。代理人として不動産を売却するためには、まず正式な委任状が必要であり、その作成方法や必要書類について正確に理解しておくことが重要です。また、売買契約を結ぶ際には、代理人の権限や売買条件を明確にし、不正行為を防ぐための対策も講じる必要があります。

不動産売却には多くの専門知識が求められ、手続きを誤るとトラブルに発展するリスクもあります。そのため、代理人として売却を進める際には、専門家への相談や信頼できる不動産売却サービスの利用を検討することが推奨されます。これにより、法律や契約の面での不安を解消し、スムーズに売却を進めることができるでしょう。

代理人による不動産売却は、所有者本人の意思を尊重しつつ、法的に適正な手続きを踏むことが求められます。本記事では、代理人が不動産売却を行う際の具体的な手続きや注意点について、専門的な観点から詳しく解説します。安心して売却を進めるためのポイントを押さえ、トラブルを避けるための知識を身につけましょう。

不動産売却なら株式会社東京PM不動産

東京PM不動産は、江東区を中心に清澄白河や住吉エリアでの不動産売却や不動産投資、賃貸のサポートを行っています。江東区や東京都江東区の不動産売却やマンション、一戸建て、土地の査定、売却買取のご相談をお考えの方は、地元で豊富な実績とノウハウを持つ当社にお任せください。

当社では賃貸/売買仲介事業・賃貸管理事業・収益不動産事業・買取再販売事業・サードライフ高齢者施設の事業を行っております。不動産売却や不動産投資、賃貸に関してお悩みがありましたら、まずはお気軽にご相談ください。

株式会社東京PM不動産

社名:株式会社東京PM不動産
住所:東京都江東区三好2丁目17-11
電話:03-5639-9039

お問い合わせはこちら

不動産売却を本人以外が行う理由とケース

代理人を立てる場合の一般的な理由

不動産の売却に際して、所有者本人が手続きを行うことが理想的とされていますが、実際には様々な事情から代理人を立てる必要が生じる場合があります。このようなケースでは、適切な手続きと注意事項を理解しておくことが重要です。

代理人を立てる一般的な理由としてまず挙げられるのは、所有者が高齢である場合です。高齢の親が不動産を所有しているが、自身で売却手続きを行うことが難しいという状況は多く見受けられます。特に遠方に住んでいる場合や健康状態が良くない場合には、信頼できる家族や友人に代理を依頼することが一般的です。

次に、仕事の都合で多忙を極める場合も代理人を立てる理由の一つです。不動産の売却手続きは時間と労力を要するため、日常業務で手が離せないビジネスマンや経営者は、専門知識を持つ代理人に任せることで効率的に進めることができます。これにより、仕事と売却手続きの両立が可能となり、ストレスを軽減することができます。

また、相続による不動産の売却も代理人を立てる理由の一つです。相続人が複数いる場合や、相続人が遠方に住んでいる場合には、全員が集まって手続きを行うことが困難です。このような場合、一人の代表者が代理人となって売却手続きを進めることで、スムーズに不動産の処分が可能となります。相続に関する法律や手続きは複雑なため、専門家のアドバイスを受けながら進めることが望ましいです。

さらに、所有者が海外に居住している場合も、代理人を立てることが一般的です。日本国内の不動産を売却する際、海外に住んでいる所有者が帰国して手続きを行うことは大変な負担となります。この場合、国内に住む信頼できる人を代理人に指定し、売却手続きを進めてもらうことが現実的です。

これらの理由に共通するのは、代理人を立てることで不動産売却の手続きを円滑に進めることができる点です。代理人を選ぶ際には、信頼性と法律的な知識を持つ人物を選ぶことが重要です。また、委任状の作成や必要書類の準備など、手続きに必要な事項を正確に理解し、適切に進めることが求められます。専門家のアドバイスを受けることで、トラブルを未然に防ぎ、安全かつ確実に不動産売却を完了することが可能となります。代理人を立てる際の注意点や手続きについて詳しく知りたい場合は、専門の相談窓口や不動産関連の情報を参考にしてください。

 

具体的なケース例(相続や病気など)

不動産の売却を本人以外が行うケースは多岐にわたります。具体的には相続や病気など、本人が直接関与できない状況が挙げられます。こうした場合において、代理人を立てることで手続きを円滑に進めることが求められます。

まず、相続による不動産売却のケースです。親が亡くなり、その遺産として不動産を受け継いだ相続人が複数いる場合があります。このような状況では、相続人全員が売却に同意し、手続きを進めることが必要です。しかし、全員が同じ場所に住んでいるわけではないため、一人の相続人を代表として代理人に立てることが一般的です。代理人は他の相続人の同意を得た上で、必要な手続きを代行し、円滑に不動産の売却を進める役割を果たします。相続手続きは複雑で法的な知識も求められるため、専門家のサポートを受けることが推奨されます。

次に、病気などの理由で本人が売却手続きを行えない場合についてです。高齢者や重病を患っている方が不動産を所有している場合、自身で手続きを行うことが困難なことがあります。この場合、信頼できる家族や友人が代理人となり、所有者の意思を尊重しながら手続きを進めます。代理人は、委任状の作成や必要書類の準備を行い、売買契約の締結から決済までをサポートします。所有者の意向を正確に反映させるためにも、事前の打ち合わせや法律的な確認が重要です。

さらに、海外に住んでいる所有者が日本国内の不動産を売却する場合も考えられます。長期間海外に居住している場合、頻繁に日本に戻ることが難しいため、国内にいる信頼できる人を代理人に立てることが一般的です。代理人は、所有者に代わって現地での手続きを行い、売買契約の締結や引き渡しの手続きを進めます。国際的な手続きが絡むため、専門家のアドバイスを受けることが望ましいです。

また、所有者が精神的な問題を抱えている場合も代理人を立てることがあります。認知症などにより判断能力が低下している場合、法的に後見人を立てる手続きを行い、その後見人が不動産の売却を代行します。この場合も、法律に則った手続きが求められ、専門的な知識が必要となります。

これらの具体的なケースを通じて、不動産売却における代理人の重要性が理解できます。代理人を選ぶ際には、信頼性と法律的な知識を持つ人物を選ぶことが重要です。さらに、手続きに関する正確な情報を収集し、専門家のサポートを受けることで、安全かつスムーズに不動産売却を進めることができます。不動産売却に関する疑問や不安がある場合は、専門の相談窓口を活用することをおすすめします。

 

不動産売却を本人以外が行うための基本的な手続き

委任状の書き方と必要な書類

不動産売却を本人以外が行う際には、委任状の作成が必要となります。委任状は、代理人が所有者に代わって不動産の売却手続きを行う権限を持っていることを証明する重要な書類です。そのため、正確な記載と適切な形式が求められます。

委任状を作成する際には、まず所有者と代理人の基本情報を明確に記載することが必要です。所有者の氏名、住所、連絡先を記載し、次に代理人の氏名、住所、連絡先を記載します。これにより、委任関係が明確になります。

次に、委任の内容を具体的に記載します。不動産の売却に関する具体的な手続きや権限を明示することが重要です。例えば、不動産の査定、契約書の作成、売買契約の締結、代金の受領などの権限を詳細に記載します。これにより、代理人がどの範囲まで権限を持つかが明確になります。

さらに、委任状には委任する不動産の詳細を記載します。不動産の所在地、登記番号、土地の面積、建物の構造などを正確に記載することで、委任の対象が特定されます。これにより、不動産売却手続きにおいて必要な情報が揃います。

また、委任状には署名と押印が必要です。所有者が委任の意思を示すために、自署し、実印を押します。さらに、委任状を公正証書にする場合は、公証人の署名と捺印も必要となります。これにより、委任状の法的効力が高まります。

委任状を作成する際には、他にもいくつかの必要書類があります。所有者の本人確認書類として、運転免許証やパスポート、マイナンバーカードなどの公的身分証明書が必要です。さらに、不動産の登記簿謄本や固定資産税の納税通知書など、不動産の所有を証明する書類も必要です。これらの書類を揃えることで、代理人が適切に手続きを進めることができます。

委任状と必要書類を揃えた後は、不動産売却の手続きを進めるために、不動産会社や司法書士、弁護士などの専門家に相談することが重要です。専門家のサポートを受けることで、手続きの漏れや不備を防ぎ、スムーズに不動産売却を進めることができます。

委任状の作成と必要書類の準備は、不動産売却の成功に欠かせないステップです。適切に準備を行うことで、代理人による不動産売却が円滑に進むでしょう。疑問点や不明点がある場合は、専門の相談窓口を利用して、安心して手続きを進めてください。

 

代理人による不動産売却の注意点

名義変更や権利証の確認

不動産を売却する際に本人以外の代理人が関与する場合、名義変更や権利証の確認は非常に重要なプロセスとなります。これらの手続きが適切に行われないと、売却後にトラブルが発生する可能性がありますので、正確な情報を把握し、確実に手続きを進めることが求められます。

まず、名義変更についてです。不動産の名義は所有者を示す重要な情報であり、売却手続きの一環として新たな所有者に変更する必要があります。名義変更には、登記申請を行う必要があります。登記申請は法務局で行われ、所有権移転登記と呼ばれます。この手続きでは、現在の所有者から新たな所有者への権利移転が正式に記録されます。代理人がこの手続きを行う場合、委任状やその他の必要書類を揃えて申請を行います。

次に、権利証の確認です。不動産の権利証は、その不動産が誰の所有物であるかを証明する書類です。この書類がないと、売却手続きが進められない場合があります。権利証には、登記識別情報通知書や旧来の登記済証などが含まれます。これらの書類を確実に保管し、売却手続きの際には提示できるように準備しておくことが重要です。代理人が手続きを進める場合、権利証の確認は特に慎重に行う必要があります。

権利証が紛失した場合の対処法も知っておくべきです。紛失した場合、再発行は基本的にできませんが、代わりに登記識別情報通知書の発行や、事前通知制度を利用することで、売却手続きを進めることが可能です。事前通知制度とは、登記所が売主に対して事前に通知を行うことで、本人確認を強化する手続きです。この制度を利用する場合、代理人は所有者の意思確認を慎重に行う必要があります。

代理人が不動産売却を行う場合、名義変更と権利証の確認は売却手続きの基盤となる重要な部分です。適切に手続きを進めるためには、法的な知識と正確な情報が不可欠です。法務局での登記申請や権利証の確認については、専門家のサポートを受けることが望ましいです。司法書士や弁護士などの専門家に相談することで、手続きの不備を防ぎ、円滑に売却を進めることができます。

これらの手続きを正確に行うことで、代理人としての役割を果たし、所有者の意向を尊重した売却が実現します。疑問や不安がある場合は、専門の相談窓口を利用し、確実な手続きを進めてください。不動産売却においては、名義変更や権利証の確認が重要なステップであることを理解し、慎重に対応することが大切です。

 

本人以外が行う不動産売買契約の際の留意点

不動産売買契約を本人以外が行う際には、いくつかの重要な留意点があります。代理人として行動する場合、法律的な手続きや書類の準備を慎重に進めることが求められます。不動産売買は高額な取引であるため、ミスやトラブルを避けるための適切な対応が不可欠です。

まず、代理人が契約を行うためには、正式な委任状が必要です。この委任状は、所有者が代理人に対して売買契約を行う権限を与える書類であり、正確に記載されていることが求められます。委任状には、所有者と代理人の氏名、住所、連絡先、そして具体的な委任内容が含まれます。また、所有者の署名と実印が必要であり、公証人による認証があるとさらに法的効力が強まります。

次に、代理人は売買契約の内容を十分に理解し、所有者の意向を正確に反映することが重要です。売買価格や支払い条件、引き渡し時期など、契約内容に関する詳細を確認し、所有者と十分に話し合った上で契約を進める必要があります。所有者の意思を正確に反映するためには、事前のコミュニケーションが欠かせません。

さらに、代理人は契約書の内容を細かく確認し、必要に応じて専門家の助言を求めることが推奨されます。司法書士や弁護士などの専門家に相談することで、法的なリスクを軽減し、契約内容に不備がないかを確認できます。また、不動産業者とも密に連携し、取引の透明性を確保することが重要です。

代理人が売買契約を行う際には、権利証や登記簿謄本などの必要書類を適切に準備することも求められます。これらの書類は、所有者が正当な権利者であることを証明するために必要です。特に権利証が紛失している場合には、再発行手続きを行うか、事前通知制度を利用して所有者の意思確認を行う必要があります。

契約が成立した後の手続きも重要です。所有権移転登記の申請を法務局で行い、正式に名義変更を完了させることで、取引が成立します。この手続きも代理人が行う場合、書類の不備がないよう注意が必要です。所有者からの正式な委任を受けていることを証明するため、すべての書類を正確に揃え、申請を行います。

不動産売買契約を本人以外が行う際には、多くの注意点が存在しますが、適切な準備と専門家の助言を活用することで、スムーズに手続きを進めることが可能です。代理人としての責任を果たし、所有者の意向を尊重した取引を実現するために、慎重な対応が求められます。疑問や不安がある場合は、専門の相談窓口を利用し、安心して手続きを進めてください。

 

代理人を立てる際のリスクと対策

不正行為を防ぐための対策

まず、正式な委任状の作成が基本となります。委任状は代理人に売却手続きを委ねる書類であり、所有者の氏名、住所、連絡先、代理人の氏名、住所、連絡先、そして具体的な委任内容を明記します。この文書には所有者の署名と実印が必要で、公証人による認証を受けると、法的な効力が一層強化されます。これにより、代理人が正当に行動することを証明できます。

次に、本人確認を徹底することが重要です。不動産取引には本人確認書類として運転免許証やパスポートなどが必要です。これらの書類を確認し、そのコピーを保管することで、所有者の意思確認を徹底します。また、取引の各段階で所有者に直接連絡を取り、意向を確認することも不正防止の一環です。これにより、代理人が所有者の意向を無視して勝手に行動することを防ぎます。

さらに、透明性を確保するために、すべてのコミュニケーションや取引記録を詳細に残すことが求められます。不動産取引に関する書類や連絡内容を記録し、後から確認できる状態にすることで、取引の透明性を確保します。また、取引の進捗や重要な決定事項について所有者と定期的に情報を共有し、双方の認識が一致していることを確認します。

専門家の助言を受けることも効果的です。不動産取引に関する法律や手続きは複雑であり、司法書士や弁護士、不動産コンサルタントなどの専門家に相談することで、リスクを減らすことができます。専門家のサポートを受けることで、法的な問題や手続き上のミスを防ぎ、取引を円滑に進めることが可能です。

信頼できる代理人を選ぶことが最も重要です。代理人の背景や評判を十分に確認し、信頼性を確保します。また、代理人の行動を監視し、適切にフィードバックを行うことで、不正行為を未然に防ぐことができます。信頼できる代理人と継続的にコミュニケーションを取ることで、所有者の利益を守ることができます。

これらの対策を講じることで、不正行為を防ぎ、安全かつ確実な不動産売却を実現することが可能です。代理人を立てる際には、これらのポイントを押さえて慎重に対応することが重要です。疑問や不安がある場合は、専門の相談窓口を活用し、安心して手続きを進めてください。

 

トラブルを避けるための注意事項

不動産売却を本人以外が行う場合、トラブルを避けるためにはいくつかの注意事項があります。

まず、正式な委任状を用意することが不可欠です。委任状には、所有者と代理人の詳細な情報および具体的な委任内容を明記し、所有者の署名と実印を含めます。公証人による認証を受けると、法的な効力がさらに高まります。

本人確認の徹底も重要です。取引に際しては、所有者の本人確認書類を確認し、そのコピーを保管します。さらに、取引の各段階で所有者に直接連絡を取り、意向を確認することが求められます。これにより、代理人が所有者の意向を無視して勝手に行動することを防げます。

取引の透明性を確保するために、全てのコミュニケーションや取引記録を詳細に残すことが必要です。不動産取引に関する書類や連絡内容を記録し、後から確認できる状態にしておくことで、取引の透明性を保ちます。取引の進捗状況や重要な決定事項について所有者と定期的に情報を共有し、認識の一致を確認します。

専門家の助言を受けることも有効です。不動産取引に関する法律や手続きは複雑であるため、司法書士や弁護士、不動産コンサルタントなどの専門家に相談することで、リスクを軽減できます。専門家のサポートを受けることで、法的な問題や手続き上のミスを防ぎ、取引を円滑に進めることが可能です。

信頼できる代理人を選ぶことも大切です。代理人の背景や評判を十分に確認し、信頼性を確保します。また、代理人の行動を監視し、適切にフィードバックを行うことで、不正行為を未然に防ぐことができます。信頼できる代理人と継続的にコミュニケーションを取ることで、所有者の利益を守ることができます。

 

専門家への相談とおすすめのサービス

専門家の役割と相談のメリット

不動産売却において専門家の役割は非常に重要です。不動産取引は法的手続きが多く、専門知識を要するため、適切なアドバイスを受けることが成功の鍵となります。専門家としてよく利用されるのは、司法書士、弁護士、不動産コンサルタントなどです。

司法書士は、不動産取引における登記手続きを担当します。売却に伴う所有権の移転登記や抵当権の抹消登記など、法務局で行う手続きを正確に進めるために必要な存在です。司法書士に依頼することで、登記に関する書類の不備を防ぎ、法的に確実な手続きを進めることができます。これにより、売却後のトラブルを避けることが可能です。

弁護士は、不動産取引全般に関する法律相談やトラブル対応を行います。売買契約の内容が適正かどうかのチェックや、契約違反が発生した場合の対応、さらには相続問題が絡む場合の法的アドバイスなど、多岐にわたるサポートを提供します。弁護士に相談することで、契約の段階から問題を未然に防ぎ、万が一のトラブル発生時には迅速に対処できる体制を整えることができます。

不動産コンサルタントは、市場の動向や適正価格の設定、売却戦略の立案など、取引全般に関するアドバイスを提供します。適切な価格設定や販売方法を提案することで、スムーズな売却を実現します。また、不動産市場に関する豊富な知識を持っているため、売却のタイミングや市場環境に応じた最適な売却方法をアドバイスしてくれます。これにより、売却価格を最大化し、短期間での売却を目指すことができます。

専門家に相談するメリットは、トラブルを未然に防ぎ、安心して取引を進められる点にあります。不動産取引は一度トラブルが発生すると多額の費用や時間がかかる場合が多く、事前に専門家のアドバイスを受けることでそのリスクを大幅に減少させることができます。また、専門家のサポートにより、複雑な手続きや法的な問題をスムーズに解決できるため、売却をスピーディーに進めることが可能です。

さらに、専門家のネットワークを活用することで、より良い取引条件を引き出すこともできます。例えば、信頼できる買主を紹介してもらったり、適切な金融機関を通じて融資を受ける手助けをしてもらったりすることができます。これらのメリットを活かすことで、不動産売却を成功に導く確率が高まります。

 

おすすめの不動産売却サービス

不動産を本人以外の代理人が売却する場合、おすすめの不動産売却サービスを利用することで、取引をスムーズかつ安全に進めることができます。

まず、オンライン査定サービスを利用することが効果的です。オンライン査定は、物件の所在地や条件を入力するだけで、複数の不動産会社から査定額を比較することができます。これにより、市場価格を把握しやすくなり、適正な売却価格を設定することが可能です。また、オンライン査定を通じて信頼できる不動産会社を見つけることができます。

次に、代理人としての手続きをサポートするサービスが便利です。多くの不動産会社では、代理人が売却手続きを行う場合のサポートを提供しています。これには、委任状の作成支援や必要書類の準備、登記手続きの代行などが含まれます。これらのサービスを利用することで、手続きの煩雑さを軽減し、法的に問題のない形で取引を進めることができます。

さらに、売却活動を代行するサービスもあります。物件の宣伝や見学対応、交渉などを不動産会社が代行することで、代理人が行うべき作業を大幅に軽減できます。特に、遠方に住んでいる場合や多忙な場合に、このようなサービスを利用することで、効率的に売却活動を進めることができます。また、不動産会社のネットワークを活用することで、広範な顧客層にアプローチすることができ、売却の可能性を高めることができます。

また、不動産コンサルティングサービスの利用もおすすめです。コンサルタントは、売却戦略の立案や市場分析、売却価格の設定など、専門的なアドバイスを提供します。これにより、売却活動を計画的に進めることができ、最適な条件での売却を目指すことができます。不動産コンサルタントは、法律や税務に関する知識も持っているため、複雑な手続きに対するアドバイスも受けることができます。

加えて、不動産売却専門のウェブサイトを活用することも効果的です。これらのサイトでは、物件の登録から買い手のマッチング、契約手続きまでを一括でサポートするサービスを提供しています。サイトを通じて多くの買い手にアプローチすることで、短期間での売却を目指すことができます。また、契約書の作成や登記手続きに関するサポートも受けられるため、安心して取引を進めることができます。

信頼性の高い不動産会社を選ぶことが重要です。実績や評判を確認し、透明性のある取引を行っている会社を選ぶことで、トラブルを避けることができます。口コミやレビューを参考にし、適切なサービスを提供している会社を選びましょう。

 

まとめ

代理人による不動産売却を成功させるためには、いくつかの重要なポイントを押さえておくことが必要です。

まず、正式な委任状の作成が基本となります。委任状には、所有者と代理人の詳細な情報および具体的な委任内容を明記し、所有者の署名と実印を含めます。公証人による認証を受けると、法的な効力がさらに高まります。

次に、本人確認を徹底することが重要です。取引に際しては、所有者の本人確認書類を確認し、そのコピーを保管します。さらに、取引の各段階で所有者に直接連絡を取り、意向を確認することが求められます。これにより、代理人が所有者の意向を無視して勝手に行動することを防げます。

また、透明性を確保するために、全てのコミュニケーションや取引記録を詳細に残すことが必要です。不動産取引に関する書類や連絡内容を記録し、後から確認できる状態にしておくことで、取引の透明性を保ちます。取引の進捗状況や重要な決定事項について所有者と定期的に情報を共有し、認識の一致を確認します。

専門家の助言を受けることも有効です。不動産取引に関する法律や手続きは複雑であるため、司法書士や弁護士、不動産コンサルタントなどの専門家に相談することで、リスクを軽減できます。専門家のサポートを受けることで、法的な問題や手続き上のミスを防ぎ、取引を円滑に進めることが可能です。

信頼できる代理人を選ぶことも大切です。代理人の背景や評判を十分に確認し、信頼性を確保します。また、代理人の行動を監視し、適切にフィードバックを行うことで、不正行為を未然に防ぐことができます。信頼できる代理人と継続的にコミュニケーションを取ることで、所有者の利益を守ることができます。

これらのポイントを押さえ、安全かつスムーズな不動産売却を実現するために、慎重に手続きを進めてください。疑問や不安がある場合は、専門の相談窓口を利用し、確実な手続きを心がけましょう。

不動産売却なら株式会社東京PM不動産

東京PM不動産は、江東区を中心に清澄白河や住吉エリアでの不動産売却や不動産投資、賃貸のサポートを行っています。江東区や東京都江東区の不動産売却やマンション、一戸建て、土地の査定、売却買取のご相談をお考えの方は、地元で豊富な実績とノウハウを持つ当社にお任せください。

当社では賃貸/売買仲介事業・賃貸管理事業・収益不動産事業・買取再販売事業・サードライフ高齢者施設の事業を行っております。不動産売却や不動産投資、賃貸に関してお悩みがありましたら、まずはお気軽にご相談ください。

株式会社東京PM不動産

社名:株式会社東京PM不動産
住所:東京都江東区三好2丁目17-11
電話:03-5639-9039

お問い合わせはこちら

よくある質問

Q1.この不動産会社の営業時間は?
A1.10:00~18:00

Q2.この不動産会社の定休日は?
A2.水曜日

 

会社概要

会社名・・・株式会社東京PM不動産

所在地・・・〒135-0022 東京都江東区三好2丁目17-11

電話番号・・・03-5639-9039

 

 

株式会社東京PM不動産について

株式会社東京PM不動産は、江東区を中心に清澄白河や住吉エリアでの不動産売却や不動産投資、賃貸のサポートを行っています。地元密着で豊富な実績とノウハウを持つ同社は、マンション、一戸建て、土地の査定や売却買取のご相談を専門としています。お客様のニーズに合わせた最適な価格設定のアドバイスや、不動産の価格や成約に関するノウハウは、同社の強みとして多くのお客様からの信頼を得ています。また、不動産売却に関する税金や節税のガイドも提供しており、お客様の利益を最大化するためのサポートを行っています。